片寄涼太&川栄李奈の歌唱シーンに胸キュン必至! 劇場アニメ『きみと、波にのれたら』本編映像が解禁

片寄涼太&川栄李奈の歌唱シーンに胸キュン必至! 劇場アニメ『きみと、波にのれたら』本編映像が解禁

6月21日(金)に公開される映画『きみと、波にのれたら』の本編映像が解禁となった。

本作は、陸の上ではなんでもソツなくこなすが、海の上では波乗り初心者の消防士・港と、海の上では上手に波に乗れるが、陸ではやりたいことが見つからず“人生の波”に乗れない大学生・ひな子による、海辺の街を舞台にした青春ラブストーリー。監督は、『夜は短し歩けよ乙女』『DEVILMAN crybaby』などの話題作を生み出してきた湯浅政明が担当。ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太(雛罌粟 港役)と女優・川栄李奈(向水 ひな子役)が主演を務め、港とひな子に関わる重要なキャラクターを松本穂香、伊藤健太郎が演じることでも話題となっている。

今回解禁となったのは、のちに海の事故で命を落としてしまう消防士の青年・港と、サーファーの大学生ひな子、小さな港町で出会い恋をした二人のかけがえのない時間を切り取ったもの。一緒にサーフィンをしたり、ハンバーガー屋では2人で思いっきり大きな口でほおばったり、ドライブに水族館、さらには海沿いの桟橋では夕陽に見守られながらのキスなど、さわやかでキュンキュンするようなデートシーンが満載となっている。

そして、港とひな子のラブラブっぷりを加速させているのが、片寄と川栄が一緒に歌う「Brand New Story」。主題歌であり劇中では2人の思い出の曲でもある「Brand New Story」の歌唱シーンは、もともと別々に収録されるはずだった。しかし、「2人で歌った方が、良い空気感になるんじゃないかとイメージしていた」という片寄のアイディアで、川栄と一緒に歌うことに。

ところどころ照れ笑いを抑えられなかったり、完璧すぎないメロディだったり、現場の空気感がそのまま伝わってくるような歌に、監督も「良い意味で生っぽい、幸せな恋人同士が本当に楽しそうに歌っている場面になっている」と大絶賛している。

また、生き生きとした海や波の動きがみられるサーフィンのシーンや、夕焼けが映える海辺の桟橋など、『夜明け告げるルーのうた』の湯浅監督だからこそ表現できた夏の刹那感をひしひしと感じさせる映像美も、本作の大きな見どころの一つ。湯浅監督が「したたかに生きなければという世の中で、純粋な主人公を波にのせてあげたいと思った」と語るように、本作は自信を持てずにいる人達の背中をそっと押すような物語になっている。

【STORY】
大学入学を機に海辺の街へ越してきたひな子。サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。ある火事騒動をきっかけに、ひな子は消防士の港と出会い、二人は恋に落ちる。お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は海の事故で命を落としてしまう。大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子が、ある日ふと二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中から港が現れる。「ひな子のこと、ずっと助けるって約束したろ?」再び会えたことを喜ぶひな子だが…。二人はずっと一緒にいることができるのだろうか? 港が再び姿を見せた本当の目的とは?

作品情報

『きみと、波にのれたら』
6月21日(金)全国ロードショー

監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子
音楽:大島ミチル
出演:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、 川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎
アニメーション制作:サイエンスSARU
配給:東宝
©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

『きみと、波にのれたら』オフィシャルサイト
kimi-nami.com/
『きみと、波にのれたら』オフィシャルTwitter
https://twitter.com/kiminami_movie