あのニック・フューリーもメロメロ! 映画『キャプテン・マーベル』MovieNEXより、グースを演じた天才ネコの魅力に迫る製造解禁

あのニック・フューリーもメロメロ! 映画『キャプテン・マーベル』MovieNEXより、グースを演じた天才ネコの魅力に迫る製造解禁

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のキーパーソンとしても話題沸騰の、新たな女性ヒーローの活躍を描いた『キャプテン・マーベル』MovieNEXが7月3日(水)に発売。この度、MovieNEXに収録されるボーナス映像の中から、本作で大活躍し、ニック・フューリーもメロメロにさせたネコのグースの魅力に迫る映像が公開された。

グースとは、キャプテン・マーベルたちの失われた記憶を追う旅に、いつの間にか付いてきていたキュートなネコ。今回解禁となった映像では、グース役を演じたネコのレジーについて、作品の時代に合わせて90年代風のレトロポップな内容で紹介している。

本作でかなり重要な役どころを務めたグースだが、監督を務めたアンナ・ボーデンとライアン・フレックは、最初のアウトラインをマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギに見せた際、「グースを200%増しに」と言われたと明かす。その結果、グースは中心キャラクターとして本編で活躍したのだが、フィルムメーカーたちは、グースを演じることのできる有能なネコを探さなければならなかった。

そして、オーディションによりその役を手にしたのがレジー。その演技力はかなりもので、そのユーモアセンスに皆が助けれらたという。

グースは、見た目はネコだが、実は“フラーケン”という宇宙人。口からエイリアンのような触手を出し、何でも飲み込んでしまうという一面を持ち、本編では、その能力でフューリーのピンチを救う場面も。原作のコミックではキャロルが飼っていて、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のロケットが正体を明かすという設定だが、本作ではロケットの代わりにスクラル人のタロスに正体を告げさせたと監督は別のインタビューで明かしている。

【STORY】
舞台は1995年。アベンジャーズが結成される以前の物語――。
瀕死の重傷を負ってすべての記憶を失い、その代償に“規格外の強大な力”を得たキャプテン・マーベル。彼女は記憶喪失ゆえにいつもどこか居場所がない感覚に寂しさを感じ、身に覚えのない“記憶”のフラッシュバックに悩まされていた。そして、その記憶に隠された秘密を狙うのは、自在に姿を変える正体不明の敵…。ロサンゼルスのビデオショップに不時着したキャプテン・マーベルは、やがて最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”を結成することとなる若き日のニック・フューリーと共に自らの過去に潜む謎を追い求め、真実に立ち向かっていく。彼女の記憶に隠された秘密とは? 彼女は一体、何者なのか?真実が明らかになるとき、すべてが覆る…!

リリース情報

『キャプテン・マーベル』MovieNEX
7月3日(水)発売
※6月5日(水)先行デジタル配信開始

価格:
・『キャプテン・マーベル MovieNEX』4,200円+税

リバーシブルジャケット

・『キャプテン・マーベル 4K UHD MovieNEX』8,000円+税

・『キャプテン・マーベル 4K UHD MovieNEXプレミアムBOX(数量限定)』10,000円+税

© 2019 MARVEL

オフィシャルサイト
https:/marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html