堤 真一、川栄李奈、柳楽優弥、竜星 涼の豪華キャストが集結! 映画『泣くな赤鬼』完成披露試写会は大盛況

堤 真一、川栄李奈、柳楽優弥、竜星 涼の豪華キャストが集結! 映画『泣くな赤鬼』完成披露試写会は大盛況

『ビタミンF』『とんび』『その日のまえに』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化される、ベストセラー作家・重松 清。教師と生徒の関係を描き続けてきた著者が、“特に教師濃度の高い作品集”と語る、短編集『せんせい。』所収『泣くな赤鬼』が待望の映画化。6月14日に全国劇場公開となる。

その高校教師は、陽に焼けた赤い顔と、鬼の熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれていた。甲子園出場を目指し、強豪チームを率いた黄金の時代から10年の月日が流れ、野球への情熱が衰えかけていたある日、かつての教え子・斎藤(愛称:ゴルゴ)と再会する。野球の素質を持ちながらも、挫折して高校を中退した生徒だった。しかし、立派な大人に成長したゴルゴは、病に侵され、命の期限が迫っていた。厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか――。

主人公“赤鬼先生”こと小渕隆を演じるのは、『とんび』に続く重松 清作品となる堤 真一。教え子・ゴルゴこと斎藤智之役に柳楽優弥。ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃役に川栄李奈。さらに、麻生祐未、キムラ緑子、竜星 涼ら豪華キャストが集結。監督は、『キセキ-あの日のソビト-』で大ヒットを打ち出した、兼重 淳。

イベントレポート

そんな、映画『泣くな赤鬼』の公開に先がけ、完成披露試写会が5月21日に新宿バルト9にて開催された。上映前の舞台挨拶には主演の堤真一はじめ、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼の豪華キャスト、そして本作のメガホンをとった兼重淳監督が駆けつけた。「高校教師と生徒の絆」を描いた本作に因み、キャスト陣の高校時代にクローズアップし、”赤鬼先生”演じる堤真一やその他キャスト陣からの特別講義で、会場は大きな盛り上がりを見せた。

堤は映画のお披露目を迎え、「いくつもの映画に出ているけれど、自分が出ている映画で泣いたのは初めて」と笑顔でコメント。「監督のていねいな愛情が詰まった作品です。やってよかった」と振り返った。また川栄、竜星も完成した映画を観て号泣したそうで、「(堤の演じる赤鬼をみて)こんな先生ほしかった」と竜は答えた。堤との共演について聞かれた柳楽は、赤鬼とゴルゴの関係を「先生と教師」と間違え、「すみません! 今日舞台の休演日で頭が回ってなくて……」と会場の笑いを誘う場面も。また「原作も人気な作品ですし、病と闘っていく役というのはやったことのないキャラクターだったので、しっかり挑みたいと思ってやりました」とゴルゴを演じる上での思いを語った。

イベントでは本作にちなみ、赤鬼先生の特別講義を開校。現役中高生から、事前にゲストへ質問を募集し、若者のリアルな悩みごとの解決策を登壇者に聞いた。

<部活でキャプテンになりましたが、これからの県大会に向けて、どうやってチームをまとめたらよいのかわかりません。プレッシャーに打ち勝つにはどうしたらいいですか?(高校2年生・男子)>という質問に対し、堤は「まとめる! と思いすぎるのは良くないので、ある意味プレッシャーを“楽しむ”ようにしていったらいいんじゃないかな」と回答。また竜星は「いっそのこと、まとめないってのは? 同じ方向を向いていればOKという」と答えたが、一方で柳楽は堤の言った言葉をそのまま採用し、「休演日なので」と答え、堤に「しらねーよ!(笑)」とつっこまれるひと幕も。中学のとき、副キャプテンを務めたことがある川栄は「とりあえず声を出しておけば大丈夫!」とアドバイス。また本作の“キャプテン”とも言える兼重監督が「迷ったら楽しそうな方に行くといい」とまとめた。

さらに、<次の将来やりたいことが見つかりません。どうすればいいですか? 皆さんはやりたいことどうやって見つけましたか?(高校2年生・女子)>という質問には、柳楽から答えてもらうはずだったが、「難易度高めですね……。あの、堤さんから…(笑)」。すかさず堤が「本当に脳みそ、休んでるな!」と言われ会場は大爆笑。「本当にやりたいことを持っている人は少ないと思うんですよ。大半の人が何をやりたいとか、やるべきことをわかっている人はいないから、人生に身をゆだねる。ただ、そのとき、そのとき真剣に考える。それだけ。無理に見つけることも必要もないし、やるべきことをもっていないことも悪いことではないですから」と、まさに赤鬼先生らしく熱いアドバイスをした。

特別講義は終始笑いに包まれあっという間に時間となり、舞台挨拶の最後に、堤は改めてこの映画について「去年の暑い夏、たくさんのスタッフと共演者と作り上げた作品です。今日登壇していない若い俳優たちの情熱も感じることができると思いますので、映画を本当に楽しんでください」と語った。また監督からは「去年台風が3つも上陸して、スケジュールが心配だったこともあったけれど、皆さんのおかげで順調に撮れました。いい作品が撮れたと思っています。観終わったあとに、家族のこと・教えてくださった先生のことを思い出すような映画になっていればいいなと思います」と話し、会場はあたたかい拍手に包まれた。

映画情報

『泣くな赤鬼』
6月14日(金)全国劇場公開

原作:重松 清 『せんせい。』所収 「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
出演:堤 真一/柳楽優弥
川栄李奈 竜星 涼 キムラ緑子 麻生祐未
主題歌:竹原ピストル「おーい!おーい!!」
配給:KADOKAWA
(C)2019「泣くな赤鬼」製作委員会


『泣くな赤鬼』作品サイト
https://akaoni-movie.jp

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC