「王子」はやっぱりすごかった! フランチェスコ・トッティ、フットサルでやったテクニックが最高

「王子」はやっぱりすごかった!  フランチェスコ・トッティ、フットサルでやったテクニックが最高

かつてイタリアのASローマで「王子(プリンチペ)」と謳われ、イタリア代表の10番としても活躍したフランチェスコ・トッティ。

42歳になった彼が、フットサルで見せた神業が話題になっている。

ゴールに吸い込まれる美しいループ……。別角度からも。

目の前でヒールリフトをやられたトッティ。相手を追うこともしなかったが、その直後に素早いポジショニングからのダイレクトループで見事にゴールを奪ってみせたのだ!

一連の流れはまさに神展開。観客も総立ちになっていたようだ。

これはクウェートで行われた「Al-Roudan Tournament」でのワンシーンで、トッティは3日間の滞在で参加していたとか。

2017年7月に現役を引退し、現在は古巣ローマのフロントで幹部を務めているトッティ。この夏、スポーツディレクターへの昇格が噂されており、今後名前を聞く機会が再び増えてきそうである。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by QOLY