「地獄って面白いじゃないですか! 最悪で」。片桐 仁が映画『神と共に 第一章』の魅力を3つの映像で解説

「地獄って面白いじゃないですか! 最悪で」。片桐 仁が映画『神と共に 第一章』の魅力を3つの映像で解説

5月24日(金)に公開される、映画『神と共に 第一章:罪と罰』の特別映像が解禁となった。

人は死ぬと、49日間に〈殺人〉・〈怠惰〉・〈嘘〉・〈不正〉・〈背徳〉・〈暴力〉・〈天倫〉といった7つの地獄の裁判を受けなくてはならず、無罪で通ったものだけが現世に生まれ変わることができる。その裁判の弁護を務める3人の冥界の使者と、裁判を受ける死者の地獄めぐりの旅を描いた「神と共に」シリーズは、韓国で累計で韓国人口の半分以上の2700万人を動員するといった快挙を達成。デクスター・デジタルのVFX技術で想像の世界を具現化し、ハリウッド映画に匹敵するバトルシーンの迫力などから、アメリカ、カナダ、香港、台湾など世界中で、『新感染 ファイナル・エクスプレス』を超える大ヒットと記録している。

この度公開された3つの映像では、そんな本作の魅力を片桐 仁が“地獄編”“感動編”“CG・アクション編”といった切り口で徹底解説。まず、最も愛を込めて一押しする“地獄編”解説映像では、「好きなんですよね、地獄って面白いじゃないですか! 最悪で」と、本作が描いている“地獄”という世界観への憧れをユーモラスにコメントする片桐。本作の設定について説明し、「地獄が厳しい」と言いながら笑いを誘っている。

続く“感動編”解説映像では、本編映像を交え“片桐号泣ポイント”をしっかりと解説。さらに「とにかくね、やってくれますよ」と興奮気味に語る“CG・アクション編”解説映像では、俳優の片桐だからこそみえてくる、アクションポイントやCGについてのおすすめポイントを紹介。家族、老若男女、問わず誰しもが共感できるポイントが満載となっている。

【STORY】
『第一章:罪と罰』
死を向かえた消防士のジャホンの前に突然現れた3人の冥界の使者ヘウォンメクとドクチュン、そしてカンニム。彼らは、これからジャホンが転生のために通る7つの地獄の裁判の弁護と護衛を行うのだ。ジャホンは生前の善行が認められ19年ぶりの貴人として転生は確実と使者たちも楽勝ムードが漂っていた。しかし、裁判を進むにつれ、地獄鬼や怨霊が出現し冥界が揺らぎ始める。こ原因はいったいなぜか?そして無事にジャホンは全ての裁判をクリアーし人間に戻ることが出来るのか?いま冥界と下界を巻き込んだ壮大な物語が始まる―

『第二章:因と縁』
千年間で48人の死者を転生させた3人の使者。 あと1人を転生させたら、彼らも新しい生を得ることができる。カンニムは怨霊だったジャホンの弟スホンを最後の裁判を受ける貴人に決める。本来、怨霊は消滅させなければならないが、閻魔大王は3人の使者に条件を出しカンニムの提案を受け入れる。条件はソンジュ神に守られ訪れ、使者をことごとく追い払う老人、チュンサムをスホンの裁判が終わるまでに冥界に連れてくること。下界に降りたヘウォンメクとドクチュンは、偶然、ソンジュ神が千年前に2人を冥界に連れて行った使者だったことを知る。彼らは、ソンジュ神により驚愕の真実を知ることになる…

作品情報

『神と共に 第一章:罪と罰』
第一章:5月24日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー 
出演:ハ・ジョンウ、チャ・テヒョン、チュ・ジフン、キム・ヒャンギ、イ・ジョンジェ、D.O.(EXO)

『神と共に 第二章:因と縁』 
第二章:6月28日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
出演:ハ・ジョンウ、チュ・ジフン、キム・ヒャンギ、マ・ドンソク、キム・ドンウク、イ・ジョンジェ、D.O.(EXO)

監督:キム・ヨンファ
2018年/韓国/カラー/『第1章』140分 『第2章』141分
配給:ツイン
© 2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

オフィシャルサイトhttp://kamitotomoni.com/