宮沢氷魚、高杉真宙、森川 葵、撮影秘話やエピソードトークを披露! 『映画 賭ケグルイ』舞台挨拶レポート

宮沢氷魚、高杉真宙、森川 葵、撮影秘話やエピソードトークを披露! 『映画 賭ケグルイ』舞台挨拶レポート

5月22日、TOHOシネマズ日比谷にて『映画 賭ケグルイ』の大ヒット御礼舞台挨拶が開催。ドラマ版からのメインキャストである鈴井涼太役の高杉真宙と早乙女芽亜里役の森川 葵、そして劇場版から登場のオリジナルキャラクター・村雨天音を演じた宮沢氷魚が舞台挨拶に登壇し、今だから話せる撮影秘話などエピソードトークを披露した。

上映後のトークということで、特に映画公開前、“謎”に包まれてばかりで多くを語ることができなかった宮沢演じる村雨に関する話題で登壇陣は大盛り上がり。まず、宮沢自身、映画公開後に「道で声をかけられる機会が増えた」と明かすが、「『氷魚くんですよね?』と言われるかと思いきや『天音っち!』とか『村雨』とか『今日は歩火(あるきび/福原 遥)さんはいないんですか?』とか…(笑)。いるわけねーだろ!」と困惑しつつも嬉しそうに語る。

そんな宮沢について、高杉は「ああいうクールな役で、すごくカッコいいし、クールそうな人かと思ったら、意外とかわいらしいところがあって、ご一緒していて和みます。(宮沢が)『歩火…』と言うときの声がすごく好きです!」と大絶賛。

宮沢も「(高杉が)大好きです!  過去の作品を見て、お会いするまで怖い人のイメージがあったんですけど、本当に優しくてこんないい人はいないです」と相思相愛のよう。 これには2人の間に立っている森川は「私、間にいない方がいいですかね…(苦笑)」とやや気まずそうにする。

そんな森川は、劇中での宮沢とのギャンブル対決を振り返りつつ「その節は、申し訳なかったです。うちの矢本悠馬がご迷惑をおかけして…(苦笑)」と平身低頭。矢本のアドリブを多用した動きに周囲、特に宮沢さんは笑いをこらえるのに必死だったようで、森川は「矢本悠馬は素敵な役者だけど、何をしてくるか読めないし予測つかない」と説明し、自身の監督不行き届き(?)を改めて謝罪した。

宮沢は「(笑わないように)相当、頑張ったよ…。超面白いもん。毎回、違うことやってくるし、しまいにはこっちに絡んでくるし。(矢本は)先輩だし、何も言えないけど…(ボソッと)あとでクレーム言れてやろうかと…それくらい面白くてつらかったです」と本音を漏らし、会場は笑いに包まれていた。

この日は、映画を見終えたばかりの観客からの質問に3人が回答!「自分で『あ、これキマった!』と思うシーンは?」という質問に、高杉は自信満々に「オープニングです! オープニングでしかカッコつけられないから(笑)」と即答。一方、森川は、前述のような矢本とのアドリブ合戦の中で、芽亜里が言い放つ「あんた、バケモンだ」というセリフに触れ、「矢本悠馬と遊びすぎて、これ、次のシーンとつながらないぞ! と思って自分で修正をかけました。(結果的にうまくいって)『私、やるな』と思いました(笑)」と振り返った。

宮沢は「初めて自分の目の色が変わった瞬間」を挙げ「(眼の色の変化が)『賭ケグルイ』の醍醐味だし、夢でした。金色になった瞬間、感動して、俺、『賭ケグルイ』に出てる! って初めて実感がわいた」と感激を口にしていた。 

また「他のキャラを演じるなら?」という問いには高杉は、劇場版で“説明役”を果たすことが多い報道倶楽部の記者・新渡戸 九(小野寺晃良)の名を挙げ「かわいいし、カメラ目線での説明を全力でやりたい!」と語る。

一方、森川は「村雨みたいなクールな役はカッコいい。後ろに光を背負ってゆっくりと(レッドカーペットに)出てきたい」と希望を口にする。そして宮沢は、意外にも「木渡ですかね?」と矢本がアドリブ全開で演じた木渡 潤を熱望。「遊びたい! 自由にやりたい!」と意外な願望を明かしていた。

 

人気沸騰中の宮沢氷魚のインタビュー記事はこちら。

ミステリアスな存在感で注目を集める宮沢氷魚。『映画 賭ケグルイ』で大器の片りんを見せる!

ミステリアスな存在感で注目を集める宮沢氷魚。『映画 賭ケグルイ』で大器の片りんを見せる!

2019.05.01

作品情報

『映画 賭ケグルイ』
大ヒット公開中

出演:浜辺美波 高杉真宙 宮沢氷魚 福原 遥 伊藤万理華 松田るか 岡本夏美 柳 美稀 松村沙友理(乃木坂46) 小野寺晃良 池田エライザ 矢本悠馬 森川 葵
監督:英 勉 
脚本:高野水登 英 勉
原作:河本ほむら・尚村 透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
配給:ギャガ
©2019 河本ほむら・尚村 透/SQUARE ENIX・ 「映画 賭ケグルイ」製作委員会

オフィシャルサイトkakegurui.jp

『賭ケグルイ』原作