宮野真守を20ページで大特集した「TV Bros. 7月号」本日発売! 「アンコールとは“感謝を伝える場所”なんです。」

宮野真守を20ページで大特集した「TV Bros. 7月号」本日発売! 「アンコールとは“感謝を伝える場所”なんです。」

宮野真守が表紙を飾る「TV Bros. 7月号」が、本日5月24日(金)に発売された。

巻頭のロングインタビューでは、宮野に自ら作詞を手掛けたニューシングル「アンコール」に込めたメッセージや、シングル収録曲「ぼくはヒーロー」の制作秘話、最初に憧れた人などについて質問。また、撮りおろしフォトストーリーや50問50答、盟友・山里亮太との対談、果てはラジオ『宮野真守RADIO SMILE』(通称マモラジ)に密着など、全20ページで大特集している。

第二特集では、絶賛公開中の映画『コンフィデンスマンJP』を特集。天才詐欺師・ダーを演じる長澤まさみのロンググラビア&インタビューをはじめ、ダー子に翻弄されるボクちゃん役・東出昌大や、今をときめく脚本家・古沢良太のインタビューで、作品の魅力に迫る。

続く第三特集は、『大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)~」』(NHK総合ほか)を紹介。いろいろ話題になっている本作だが、やっぱり面白いものは面白いということで、演出チームの井上 剛×大根 仁、そして出演者の生田斗真、森山未來から、作品の見どころや思い入れを聞く。さらに、今からでも放送に間に合う『いだてん』振り返りコラムも。

ほかにも、最終回が迫る『プレミアムドラマ「おしい刑事」』の風間俊介(実は今、全然おしくない俳優!)、TV Bros.とのプロジェクトが始動中のTHE COINLOCKERS特集など、今号も充実の内容だ。

書籍情報

 「TV Bros. 2019年7月号」
5月24日(金)発売
※一部、発売日が異なる地域あり。

特別定価 : 700円
全国の書店、ネット書店、弊社TOKYO NEWS magazine&mookにてご購入可能。

【購入者特典】
アニメイト:宮野真守ポストカード(1枚)

※実店舗での販売は5月24日(金)から。
※在庫には限りあり。

【収録内容】
特集1
宮野真守「きみとぼく」

特集2
映画『コンフィデンスマンJP』
長澤まさみ、東出昌大、古沢良太

特集3
『大河ドラマ「いだてん?東京オリムピック噺(ばなし)~」』
井上剛×大根仁、生田斗真、森山未來ほか

ススめ! ブロス探偵社~6月 テレビ番組解説&コラム~
地上波、BS、CS、配信などなどひっくるめた番組解説を大ボリュームで掲載。各界の著名コラムニストや、テレビの裏側で暗躍する謎のテレビマニア集団「ブロス探偵社」が、さまざまな番組の面白さ、見どころを誌面の限りご紹介します。また、ドラマ『遊戯みたいにいかない。』出演中の東京03インタビュー、ものまね芸人特集、恒例のB級ホラー映画特集、地上波のない生活をおすすめするコラムなど、これからのテレビ生活とともに、人生が充実する必見のコーナーです。

Culture Bros.
映画、音楽、ラジオ、舞台、ゲーム、書籍、コミックから注目作品をご紹介。
今号は、映画部門から『X-MEN:ダーク・フェニックス』を、音楽部門からはTempalay、chelmico、マカロニえんぴつ。ラジオは『ダイアンのよなよな…』(ABCラジオ)、コミックからは『ハイリスクミッションセラピー』作者・仲島歩など、カルチャーの今をお届け!

連載
・松尾スズキ&河井克夫「チーム・カラマーゾフの兄弟の罪と罰」
・爆笑問題「天下御免の向こう見ず」
・清水ミチコ「私のテレビ日記」
・光浦靖子「脈アリ?脈ナシ?傷なめクラブ」
・岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」
・細野晴臣&星野源「地平線の相談」
・大根仁「中春スケッチブック」
・Perfume「たちまち、語リンピックせん?」
・岩井秀人「自意識がびゅっびゅー」
・マキタスポーツ×おぐらりゅうじ「鼻マキタ道場」
・風間俊介「ダンスはうまく踊れない」
・きゃりーぱみゅぱみゅ「あたしアイドルじゃねぇし!!!」
・川谷絵音「ブレないから、やるせない」
・大森靖子「大森靖子の超一方的完全勝利」
・鈴木涼美「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」
・天久聖一「ノベライズ・ジャパン」
・掟ポルシェ「大切な思い出がツバまみれ」
・細川徹×五月女ケイ子「Oui?アシスタントディレクターブロ子」
・片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」
・久保ミツロウ・能町みね子・ヒャダイン「久保みねヒャダこじらせブロス」
・川栄李奈「楽しけりゃいいじゃなe!」 ゲスト:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
・あいみょん「どうせ死ぬなら」 ゲスト:椎木知仁(My Hair is Bad)
・岩井勇気(ハライチ)「でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。」
・戸田真琴「肯定のフィロソフィー」
・藤田菜七子「菜七子のここだけ馬なし」
・川田十夢(AR三兄弟)「月刊マン・オン・ザ・ムーン」
・大橋裕之のTV
・豊﨑由美「トヨザキ社長の査定したった!!」
・しりあがり寿「月刊はなくそ時評」
・おおひなたごう「俺に血まなこカラフル」
・友沢ミミヨ「だいすきまめおやじ」
・松江哲明「松江の奥の奥」
・松居大悟「読むか読まれるか」
・てれびのスキマ「ラ・テ欄愛好会」
・木俣冬「画面でつながる『現実』と『虚構』」
・西森路代「演じるヒト、演じないトキ」