ニコラス・ホルト、X-MENが迎える史上最大の危機を熱く語ったコメントが到着!

ニコラス・ホルト、X-MENが迎える史上最大の危機を熱く語ったコメントが到着!

6月21日(金)に全国公開される、メガヒット・シリーズの最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』で、ビーストを演じるニコラス・ホルトのコメントが到着した。

プロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)の教え子で天才科学者であるビーストは、全身を青い毛で覆われた獣人に変身し、怪力とスピーディーかつアクロバティックな動きで抜群の戦闘能力を発揮するX-MEN創設メンバーの一人。現在はプロフェッサーXの右腕として、恵まれし子らの学園で若きミュータントたちの育成に務めている。

イギリス出身のニコラス・ホルトは12歳から俳優活動を始め、『シングルマン』(09)の主人公を翻弄する青年ケニーから『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)の白塗りウォーボーイ ニュークスまで、幅広い役柄をこなす若きベテラン俳優だ。8月には、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの原作者J.R.R.トールキンを描いた主演最新作となる伝記映画『トールキン 旅のはじまり』(19)の日本公開も控え、今乗りに乗っている注目アクターが、自身が演じたビーストについて熱く語っている。

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(11)以来、4作品にわたってビーストを演じてきたニコラス・ホルトは、「映画の冒頭では、ハンクは前作の最後の時の状態とほぼ変わらない。彼は今でも、恵まれし子らの学園にいる。まだそこの教授を続けていて、年長者の一人だ。今や、彼はチャールズと対等に近い立場にいると思う。前作では、彼は教え始めたばかりだったし、前々作では、チャールズの世話係をつとめ、そして、その前の作品では生徒だった」と、プロフェッサーXの教え子からはじまり、今では自身が教え導く立場となったビーストの歴史を振り返る。監督サイモン・キンバーグによって、「これまで見たことのないハンクとビーストの要素を演じる場を提供してもらった」と、シリーズ最終章にしてビーストの新たな一面を演じられたことを喜ぶ。

「本作はX-MENについて、それに彼らが他のスーパーヒーローとどう違っているか、どのように社会に扱われているかを描いている。『ダーク・フェニックス』のすばらしいところは、すべてのことが人間の基本的な感情に根差していることだ。つまり、裏切りに心の痛み、愛、喪失といったもの。パワーや能力を持った彼らが、そういう状態で、感情に反応し、取り組む姿を見せている。これは、ばらばらにされた家族の話のようだ」と、ジーンの暴走によって固い結束で結ばれたX-MENに亀裂が走り、エモーショナルなドラマが展開されるという。ニコラス・ホルトが熱く語るビーストの新たな面とは。そして、史上最大の脅威を前にX-MENはどんな戦いを見せることになるのか。 『X-MEN:ダーク・フェニックス』はシリーズ最終章として壮絶なクライマックスを迎える――。

作品情報

『X-MEN:ダーク・フェニックス』
6月21日(金)全国ロードショー!

キャスト:ソフィー・ターナー ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ジェニファー・ローレンス ジェシカ・チャステイン
監督:サイモン・キンバーグ
配給:20世紀フォックス映画
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

オフィシャルサイト
http://www.foxmovies-jp.com/darkphoenix/