西島秀俊、『空母いぶき』原作者からの手紙に「感無量」。初日舞台挨拶レポート到着

西島秀俊、『空母いぶき』原作者からの手紙に「感無量」。初日舞台挨拶レポート到着

かわぐちかいじによる累計500万部突破のベストセラーコミックを、破格のオールスターキャストで映画化したクライシス超大作『空母いぶき』の初日舞台挨拶が本日5月24日(金)にTOHOシネマズ 日比谷にて行われ、主演の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田 翼、市原隼人、深川麻衣、藤 竜也といった日本映画界を牽引する豪華出演者に加え、若松節朗監督が舞台挨拶に登壇した。

オフィシャルレポート

【一言挨拶】
西島:(※午後の時間帯に)「皆さん、こんばんは。」と言い間違え会場からは大きな笑いが。続けて、「この傑作のマンガを実写化するということで、スタッフ・キャストが毎日毎日魂を込めて撮影をしました。ようやく初日を迎えることができて、本当にうれしく思っております」。

佐々木:「皆さん、こんばんは。あ、こんにちは」と西島の言い間違いにかぶせて笑いをとる佐々木。「本日は楽しんでいってください。ありがとうございます」。

上映後の舞台挨拶は今回が初めてということで心境を聞かれると、「映画の余韻を壊さないようにしたいなと思ったんですけど、一言目を間違えてたので非常に反省しております」と西島。続けて、佐々木は「初日ってやっぱりドキドキするので、このように温かい拍手で迎えていただけると本当に報われたなと思います。」と心境を吐露。

西島・佐々木との共演について藤竜也(以下、藤)は、「お二人とも準備万端で、初日のワンカットめから、すでに撮影始まって一か月ぐらい経っているような、密度の高さや緊張感が完璧でしたね」と撮影を振り返った。西島は「本当にたくさんの自衛官の方々にお話を聞くことができたので、事前準備はたくさんさせていただきました。この場を借りて感謝を申し上げたいと思います。」と協力してくださった自衛官の方々に感謝を述べた。

完成した映画を観た感想を聞かれた本田翼(以下、本田)は、「自分の役割を見つけて、それをやり通さないといけないなという思いで撮影に挑みました。観てくれた方が、私の役があってより映画が見やすくなったなと思ってもらえたら嬉しいです」と役どころについて語った。

中井貴一との共演について深川は「大先輩なのですごく緊張していたのですが、カメラが回るたびに中井さんからアドリブが飛び出してすごく朗らかな空気感で撮影ができた。」と撮影を振り返り、劇中に登場する耳栓は中井の私物というエピソードを語った後、「中井さんのユーモアとこだわりの詰まったシーンになっています」と見どころを語った。

映画の公開にあわせて届いた、原作者のかわぐちかいじ氏からの手紙が読まれると、西島は「感激しました。本当に嬉しいです。かわぐちかいじさんの原作はスケールが大きくてテーマもとても深いので、実写化するのは相当難しいと言われている中で今回初めての実写化となりました。企画の段階から高いハードルがいくつもあったと思いますが、この映画が完成してこうして先生に素晴らしいお手紙をいただけて、皆さんに観て頂けるのは本当に感無量です。ありがとうございます。」と今の心境を語った。

【最後の挨拶】
深川:「友達と家族と会う時間を大事にしようと思える映画になっていると思います。劇場を出た後に何か心に残るものがあったら嬉しいです」。

市原:「目の前で悩んでいる方とか苦しんでいる方を、赤の他人であっても支え合っていけるような未来になってくれればいいなとあらためて感じさせて頂きました」。

佐々木:「この映画を参加する時に少し怖いなと思いましたが、初日を迎えられてお客様を前にした今、この船に乗って良かったなと感謝していますし、誇りに思っております」。

西島:「この映画を観た後、大切な人に連絡をしていただいて、大切な人との平和を感じていただけたら嬉しいです」。

【かわぐちかいじ 手紙全文】
「空母いぶき」封切りに寄せて
かわぐちかいじ

「空母いぶき」を実写映画として何としても完成させるという製作陣の意志は、自衛隊を「国防」という本来の任務で、日本で初めて描くんだという強い思いだったと想像します。

映像にみなぎる緊迫感は、「国防」という重要な問題を正面から描いている迫力です。原作者としてその映像に接することができ、これ以上の本望はありません。

製作に関わったスタッフの皆様、俳優の皆様、本当にごくろう様でした。そして、ありがとうございました。

【STORY】
20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が走る中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。この後日本は、かつて経験したことのない1日を迎えることになる―。

作品情報

『空母いぶき』
5月24日(金)全国超拡大ロードショー!


原作・監修:かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)
企画:福井晴敏
脚本:伊藤和典、長谷川康夫
音楽:岩代太郎
監督:若松節朗
製作:『空母いぶき』フィルムパートナーズ
配給:キノフィルムズ

キャスト
西島秀俊(航空機搭載型護衛艦「いぶき」艦長:秋津竜太)
佐々木蔵之介(航空機搭載型護衛艦「いぶき」副長:新波歳也)

航空機搭載型護衛艦「いぶき」
藤 竜也(第五護衛隊群群司令:湧井継治)/村上 淳(船務長:中根和久)/石田法嗣(砲雷長:葛城政直)
戸次重幸(第92飛行群群司令:淵上晋)/市原隼人(アルバトロス隊隊長:迫水洋平)
平埜生成(アルバトロス隊パイロット:柿沼正人)/金井勇太(海幕広報室員:井上明信)

護衛艦「あしたか」工藤俊作(艦長:浦田鉄人)/千葉哲也(砲雷長:山本修造)
護衛艦「いそかぜ」山内圭哉(艦長:浮船武彦)/和田正人(砲雷長:岡部隼也)
護衛艦「はつゆき」玉木 宏(艦長:瀬戸斉明)
護衛艦「しらゆき」横田栄司(艦長:清家博史)
潜水艦「はやしお」髙嶋政宏(艦長:滝隆信)/堂珍嘉邦(船務長:有澤満彦)

RF4EJ偵察機
袴田吉彦(ナビゲーター:大村正則)/渡辺邦斗(パイロット:備前島健)

首相官邸
佐藤浩市(内閣総理大臣:垂水慶一郎)/益岡 徹(内閣官房長官:石渡俊通)中村育二(副総理兼外務大臣:城山宗介)

外務省アジア大洋州局
吉田栄作(局長:沢崎勇作)/三浦誠己(局員:赤司徹)

P-Panel
本田翼(記者:本多裕子)/斉藤由貴(プロデューサー:晒谷桂子)片桐仁(ディレクター:藤堂一馬)/土村芳(AD:吉岡真奈)

コンビニ
中井貴一(店長:中野啓一)/深川麻衣(アルバイト:森山しおり)/伊達円祐(アルバイト:和田正幸)

ジャーナリスト 
小倉久寛(東邦新聞記者:田中俊一)/岩谷健司(東邦新聞記者:一ノ瀬隆)今井隆利(現代日報記者:飯野智司)

オフィシャルサイトkuboibuki.jp

『空母いぶき』原作コミック

©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ