『ゲゲゲの鬼太郎』第57話あらすじ&先行カット解禁! 吸血鬼エリートよりも強大な吸血鬼ラ・セーヌとは何者なのか?

『ゲゲゲの鬼太郎』第57話あらすじ&先行カット解禁!   吸血鬼エリートよりも強大な吸血鬼ラ・セーヌとは何者なのか?

明日26日(日)放送のTVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第57話「鮮血の貴公子 ラ・セーヌ」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

第57話「鮮血の貴公子 ラ・セーヌ」

街では若い女性ばかりが、生きたまま全身の血を抜かれる事件が頻発していた。まさかまた吸血鬼の仕業なのか、もしそうなら何故吸血鬼が立て続けに現われるのかと怪しむ鬼太郎(沢城みゆき)たち。そこへ西洋妖怪の魔女アニエス(山村 響)から、人の生き血を利用したバックベアード(田中秀幸)復活の兆しを知らされる。そのため、世界中の吸血妖怪が、血液を集めようとしているという。さらに彼女は、吸血鬼エリートよりも強大な吸血鬼ラ・セーヌ(飛田展男)が日本に来ている可能性を示唆する。例の事件で暗躍しているのは彼だと確信を持った鬼太郎は、調査に乗り出す。果たして吸血鬼ラ・セーヌとは何者なのか!?

演出:角銅博之/脚本:大野木寛/作画監督:小泉 昇/美術:加藤 恵

第57話場面カット

キャラクター情報

吸血鬼ラ・セーヌ(声:飛田展男)

若い女性の血を狙う、吸血妖怪の貴族。バックベアード復活の為に生き血を集めている。

また、5月23日から東京・調布駅前広場で、鬼太郎の路面影絵のライトアップが実施されている。調布駅前広場で「ゲゲゲの鬼太郎」キャラクターを表現した影絵が登場。駅前広場のライトアップ事業の一環として、樹木のカラーライトアップとともに、スポットライトによる鬼太郎キャラクターたちの影絵を路面に投影している。

場所:京王線調布駅 駅前広場

さらに、シリーズ構成の大野木寛を始めとするアニメシナリオライター陣とプロデューサーによる、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(6期)の書き下ろし短編集、鬼太郎アナザー・アンソロジーが発売された。骨女、貝稚児、黒悪鬼、獏、おとろしなどなど、テレビ未登場の妖怪たちと鬼太郎ファミリーによる極上の現代怪奇譚が繰り広げられる。

書籍情報

講談社キャラクター文庫030
小説 ゲゲゲの鬼太郎〜蒼の刻〜
5月27日(月)発売
価格:700円+税
原作:水木しげる
著者:大野木寛、井上亜樹子、山田瑞季、永富大地
出版:講談社

作品情報

TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』
フジテレビほかにて毎週日曜9:00~9:30放送(一部地域を除く)
4月7日より新章「地獄の四将(よんしょう)編」スタート

【STAFF】
原作:水木しげる
シリーズディレクター:小川孝治
シリーズ構成:大野木寛
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
音楽:高梨康治、刃-yaiba-
制作:フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション

【CAST】
ゲゲゲの鬼太郎:沢城みゆき
目玉おやじ:野沢雅子
ねずみ男:古川登志夫
ねこ娘:庄司宇芽香
犬山まな:藤井ゆきよ
砂かけばばあ:田中真弓
子泣きじじい&ぬりかべ:島田 敏
一反もめん:山口勝平

【主題歌】
OP:氷川きよし「ゲゲゲの鬼太郎」
作詞:水木しげる/作曲:いずみたく/編曲:田中公平
ED:go!go!vanillas「No.999」
作詞:Tatsuya Maki/作曲:Tatsuya Maki/編曲:go!go!vanillas

【第6期 STORY】
21世紀も20年近くが経ち人々が妖怪の存在を忘れた現代。科学では解明が出来ない現象が頻発、流言飛語が飛び交い大人たちは右往左往するばかり。そんな状況をなんとかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まなの前にカランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎がやってきた…。

【新章「地獄の四将編」STORY】
目玉おやじの茶碗風呂、子泣きじじいや砂かけばばあのかまびすしい会話、ゲゲゲの森ではいつもと同じ穏やかな時が流れているように見える。しかし鬼太郎の様子が何かおかしい…鏡爺と何かを探している素振り。

そんな時、鬼太郎のもとに人間の少年から助けを求める手紙が届く。鬼太郎はさっそく手紙の主に会いに東北へ向かうが、その姿を遠くから見つめる謎の男が…!?

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』オフィシャルサイト
http://anime-kitaro.com/
アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』オフィシャルTwitter
@kitaroanime50th

原作コミック

ゲゲゲの鬼太郎