元ベビレ・傳谷英里香、ミュージカル初主演!「全力で挑みます」

元ベビレ・傳谷英里香、ミュージカル初主演!「全力で挑みます」

女優でタレントの傳谷英里香が、風雲かぼちゃの馬車・第21回本公演 体感型ミュージカル『Fumiko』(東京芸術劇場)で、舞台初主演を務めることが明らかになった。

本作は、1930年代のアメリカ西海岸を舞台にした、”体感型”ミュージカル。

制作スタッフは傳谷を起用した理由について、「主役のフミコは、保守的な家庭環境を振り切り、自分の夢のため、世界最高峰のブロードウェイに挑む役柄です。アーティストの枠を飛び出し、新たな環境に挑戦されている傳谷さんとリンクしたため、フミコ役をオファーさせていただきました」コメント。

本作以外にも、2019年に入り舞台『新・罪と罰』(東京芸術劇場)への出演で女優として活躍。『日立 世界ふしぎ発見!』(TBS)でのミステリーハンターなどテレビ番組への出演も増えており、TV-CMでは「FJネクスト」、「楽天ポイントカード」などに出演中。今後の活躍が大きく期待される。

【傳谷英里香・コメント全文】
『Fumiko』で初主演を務めます。
体感型のミュージカルであり、私にとって初めてのミュージカル。未知の世界に足を踏み入れることは、不安もありますが、喜びでもあり…!臆することなく、全力で挑みます。そして誰よりも楽しみます!物語に、フミコという一人の誰かに、貴方との共通点が生まれると思います。時代背景もありますし、何より”体感”ということで、楽しめる幅も無数にあると思います。是非、劇場に足を運んで、体感しに来てください。宜しくお願い致します。

【STORY】
1930年代、アメリカ西海岸。地元の小さな劇場でステージに立つフミコはブロードウェーに密かな憧れを抱いている。
踊り続ける少女はやがて世界と向き合うことになる。
迫り来る運命に私はどう抗えばよかったのだろう。
見えないフェンスをどう乗り越えればよかったのだろう。
これは、何者かになろうとした誰かの物語。

公演情報

風雲かぼちゃの馬車第二十一回本公演
体感型ミュージカル『Fumiko』
会場:東京芸術劇場 シアターウエスト

演出:土井宏晃
作・作詞:重信臣聡
作曲:中島とくあき
振付:坂田守

公演日程
8月15日(木)19:00
8月16日(金)14:00/19:00
8月17日(土)14:00/19:00
8月18日(日)14:00
※受付開始は開演60分前、開場は開演30分前。
※開場とともに本編導入へのプロローグを実施。

料金:
体感スタンディング:3,500円
指定席:4,500円
※発券手数料が別途216円必要。
※当日券は500円増し。
※体感スタンディングは、座席の前面に設けられた立ち見席。その空間を役者や舞台装置とともに移動・共有することによって、作品を『体感』することができるエリア。貴重品以外の荷物は受付に預けることも可能。

【キャスト】 
傳谷英里香(レプロエンタテインメント)

眞野基範
南雲秋助
高橋範行
須佐光昭
宮内咲希子
村上亮
古谷悠歩
新堂菜津子
(以上、風雲かぼちゃの馬車)

風間庸平
橘 奈穂(Teamドラフト4位/アルファベットプロモーション)
田中清志郎
西堀 文
兵藤結也(Teamドラフト4位)
藤井ちいこ
藤丸千(ソニー・ミュージックアーティスツ)
古川博巳
政野屋遊太

甘利みくり
重野ひかり(能美健志&ダンステアトロ21)
嶋澤のどか

【スタッフ】
舞台監督:矢島 健
照明:江見千尋
音響:鷹取こうへい
舞台美術:眞野祐美子(こわっぱちゃん家)
映像:シロー
演出助手:山田愛莉(劇団みつどもえ)
衣裳:小鹿鷹太朗
作曲:中島とくあき
振付:坂田守
歌唱指導:大畠英人(表現工房 洗濯船)
チラシ撮影:鈴木翔太
制作:かぼちゃ制作事務所
制作協力:サンダーストームE.G.
協力:レプロエンタテインメント

オフィシャルサイト
https://www.geigeki.jp/access/index.html