渋川清彦・大西信満・ドロンズ石本ら“おっさん”が出演犬にメロメロ。映画『柴公園』完成披露オフィシャルレポート到着

渋川清彦・大西信満・ドロンズ石本ら“おっさん”が出演犬にメロメロ。映画『柴公園』完成披露オフィシャルレポート到着

5月24日、映画『柴公園』完成披露舞台挨拶がイオンシネマ・シアタス調布にて開催。主演の渋川清彦をはじめ、大西信満、ドロンズ石本、水野 勝、綾部真弥監督、柴犬3匹(出演犬)が登壇した。

まずは主演の渋川が「こんばんワン! あれ、言わなくて良かったかな? いや、1月のドラマ版完成披露でも言ったので、これからも続けます! 今日はありがとうございます! 以上です!」とコミカルに挨拶。続けて、「やりにくなぁ…。皆さん、こんばんワン! 今日ご覧になって面白かったら、是非口コミで広げて下さい!」(大西)、「こんばんワン! 皆さん、早くあの子たち(柴犬たち)に会いたいだろうから、挨拶はとっとと終わります」(石本)、「こんばんワン! 今日は他の皆さんと楽しくトークが出来ればと思います」(水野)、「週末金曜、多くのお客様にご来場頂きありがとうございます。この舞台挨拶、そして作品を楽しんで頂けたら嬉しいです」(綾部監督)とそれぞれ挨拶した。

映画化について渋川が「嬉しいです。ただ、とにかく台詞が多く、それを覚えるのが大変でしたね。」とコメント。大西も「台詞が多いのが、とにかく大変でした…」と言うと、石本も「台詞が、相当大変でしたね。ただ、皆さん、毎回撮影時に愛犬役たちにおしっこやウンチをさせたりしてから撮影に臨むなど、しっかり関係性を築いてました」と、台詞に苦労したことを明かした。

渋川について綾部監督は「渋川さんが、例えば、水野君とのシーンの撮影前に、進んで水野くんに声を掛けて練習して下さったりして、凄く助かりました。面倒見が良く、優しい方です」と語ると、水野は「(渋川さんは)「ゼニガタ」の怖いイメージがあったんですが、実際にお会いして接すると凄く優しくて。あと、僕は綾部監督作品では、今までナゾな役が多くて、”ナゾ俳優”って言われてます(笑)。ほかには、中々出演シーンが出てこないので、”出る出る詐欺”とか今作はかなり重要なキャラクターでかつ、ご覧になる前の皆さんにはネタバレになる部分もあるので、映画版については殆ど話せません!」と会場を笑わせた。

ここで、渋川、大西、石本が事前に愛犬役の柴犬たちを撮影した写真をスクリーンで披露(番外編で水野、綾部監督も)し、それぞれの写真のこだわりポイントをアピールした。なお、公開された写真は映画オフィシャルSNSへアップされ公開初日までの「いいね!」数で優勝を決める「愛犬フォトコンテスト」実施を発表した。

イベントの最後には代表として渋川が挨拶。「今回、テレビ版の舞台だった公園から、映画版は一歩外に出ます。そして私が演じたあたるパパも(人間として)一歩、外に出ます。いや、半歩かな? あたるの凄く良い表情もあるので楽しみにしていて下さい。そして、続編もやりたいなぁという気持ちが出てきたので、その為にも、皆さん作品を応援して下さったら嬉しいです。今日はありがとうございました。」と、会場に集まった観客らにメッセージを送った。

【STORY】
犬、ダベリ、そして恋!? おっさんの憩いの場に異変が巻き起こる!? ある街の公園。柴犬を連れてやって来る3人のおっさん、あたるパパ(渋川清彦)、じっちゃんパパ(大西信満)、さちこパパ(ドロンズ石本)は、日々壮大な無駄話を繰り広げていた。ある日、3人の中で唯一独身のあたるパパに恋の予感が。相手は真っ白な柴犬・ポチを連れたポチママ(桜井ユキ)!? もどかしいふたりを応援するじっちゃんパパとさちこパパだったが、あたるパパが謎のイケメン(水野 勝)と密会しているのを目撃。イケメンの正体を探るべく、聞き込み調査をするふたりだが、さっぱり要領を得ない。一方、豆柴の一郎をあたるパパに預けていた中年ニートの芝二郎(佐藤二朗)が、そろそろ一郎を返して欲しいとあたるパパに連絡をしてくる…。

作品情報

映画『柴公園』
6月14日(金)より全国のイオンシネマ・シネマート新宿ほか公開

出演:渋川清彦 大西信満 ドロンズ石本 桜井ユキ 水野 勝 松本若菜(映画のみ) 蕨野友也(ドラマのみ) 小倉一郎(ドラマのみ) 螢雪次朗(ドラマのみ) 山下真司 寺田 農(映画のみ)佐藤二朗
製作総指揮:吉田尚剛 
ドラマ版監督:綾部真弥/田口 桂 
映画版監督:綾部真弥 
企画・脚本:永森裕二
動物トレーナー:ZOO動物プロ 
制作プロダクション:メディアンド 
配給:AMG エンタテインメント 
配給協力:イオンエンターテイメント

©2019「柴公園」製作委員会 

『柴公園』オフィシャルサイト
http://shiba-park.com/