ペネロペ・クルス「(夫とは)頻繁に共演はしたくないわ(笑)」。映画『誰もがそれを知っている』インタビュー映像で監督などについて語る

ペネロペ・クルス「(夫とは)頻繁に共演はしたくないわ(笑)」。映画『誰もがそれを知っている』インタビュー映像で監督などについて語る

6月1日(土)より公開される、アカデミー賞受賞『別離』『セールスマン』のアスガー・ファルハディ監督最新作『誰もがそれを知っている』。この度、本作の主演を務めるペネロペ・クルスのインタビュー映像が解禁となった。

本作は、2010年代で2度のアカデミー賞に輝いたアスガー・ファルハディ監督が、15年前のスペイン旅行で目にした行方不明の子供の写真に着想を得て練り上げた会心の一作。主演は、“スペインで最も有名なカップル”ペネロペ・クルスとハビエル・バルデムで、長年の友人でもあるスター俳優夫婦との念願のタッグが実現。オール・スペインロケに挑み、新たな境地を切り開いた作品だ。

今回の映像では、そんな本作出演のきっかけについて、「5年前に監督から電話がかかってきて、作品の構想について話があり、“もちろん任せて”と即答したわ。映画界の巨匠ですもの。彼が脚本を書き始め、映画の完成までこぎつけた」と念願のオファーであったことをコメント。ファルハディ監督との仕事については、「彼は構想を共有してくれて、あらゆる面で明確なビジョンを打ち出してた。一方でクルーや私たちにためらわず質問してくれたわ。その姿勢は、とても謙虚で大切よ。異国の地で異なる言語を使って撮影するんですもの」と監督とのコラボレーションについて振り返っている。

また、ハビエルとの共演については「共演が続いたのは偶然だったの。またいつか一緒に仕事する日が来るでしょうけど、頻繁に共演はしたくないわ(笑)」と最愛の夫との共演をはにかむ姿も。最後に観客に伝えたいことについて、「登場する家族は、メタファーみたいなものなの。私たちみんなを表しているわ。人との関わり合い方を見てるうちに、自問自答したくなるの。“なぜお互いに物事を複雑にしてしまうの?”“その必要はある?”“いつか変われる?”ってね」と映画に込められた普遍性について語りインタビューを締めくくった。

作品情報

『誰もがそれを知っている』
6月1日(土)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

監督・脚本:アスガー・ファルハディ『彼女が消えた浜辺』『別離』『セールスマン』
出演:ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、リカルド・ダリン 
2018年/スペイン・フランス・イタリア/スペイン語/133分/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/英題:EVERYBODY KNOWS/日本語字幕:原田りえ
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド

© 2018 MEMENTO FILMS PRODUCTION – MORENA FILMS SL – LUCKY RED – FRANCE 3 CINÉMA – UNTITLED FILMS A.I.E.

『誰もがそれを知っている』オフィシャルサイト
https://longride.jp/everybodyknows/