米津玄師、海の上で新曲「海の幽霊」MV上映会を開催。映画『海獣の子供』本編映像を全編で使用

米津玄師、海の上で新曲「海の幽霊」MV上映会を開催。映画『海獣の子供』本編映像を全編で使用

6月3日(月)に配信限定シングルとしてリリースされることが発表されている米津玄師の「海の幽霊」。映画『海獣の子供』の予告編でその一部が公開されていたが、100名限定で行われた『海の上映会』にてミュージックビデオが公開となった。

ミュージックビデオ先行視聴会『海の上映会』は都内に浮かぶ「船」にて実施。募集開始直後から応募が殺到、その中でも選ばれた幸運な100名がひと足先にミュージックビデオを体験した。

船内は、B1Fを“深海”に見立て、薄暗く水泡の音が響くなか、映画内「江の倉水族館」として登場する「新江ノ島水族館」とのコラボレーションで実現した、貴重なクラゲやヒトデなど海洋生物を展示。その奥中央には、五十嵐大介が書き下ろした「海の幽霊」のジャケットが、1.2m四方サイズの水槽の中に浮かび、水中の光の揺らぎを生で感じられるような見せ方で展示された。

1Fは“浜辺”に見立てられ、波の音を聞きながら、映画『海獣の子供』のビジュアル展が展開され、映画の場面シーンのライトアップパネルや、クジラが泳ぐムービーを展示。

そして2F船上デッキの屋上は、“海の空”と題され、そびえ立つ巨大マストにミュージックビデオが投影された。

史上初めての「海の上」でのミュージックビデオ上映会。圧倒的なスケール感を、目だけでなく全身で体感することで、まるでミュージックビデオの一部になったような不思議な体験に、会場は歓喜の声に溢れていた。

今回のミュージックビデオは、アニメ映画『海獣の子供』の本編映像を全編で使用。「STUDIO4℃」が描く、繊細でありながらダイナミックな自然や生き物、人物の描写が全編を通して余すことなく描かれている。

また、本作のジャケットは『海獣の子供』の原作者・五十嵐大介が書き下ろしたアートワークになっており、様々な分野のトップランナーと共に作り上げられた『海の幽霊』の世界観が堪能できる。

米津玄師の最新楽曲「海の幽霊」はいよいよ来週配信開始。まずはミュージックビデオを観て、発売日を心待ちにしよう。

『海の上映会』協力:新江ノ島水族館

ILLUSTRATED BY 五十嵐大介 ※「海の幽霊」ジャケット写真 PHOTO BY 山田智和 ※米津玄師アーティスト写真

作品情報

『海獣の子供』
6月7日(金)全国ロードショー
原作:五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊)
キャスト:芦田愛菜 石橋陽彩 浦上晟周 森崎ウィン 稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹/田中 泯 富司純子
監督:渡辺 歩
音楽:久石 譲
主題歌:米津玄師「海の幽霊」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
アニメーション制作:STUDIO4℃
配給:東宝映像事業部
(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

映画『海獣の子供』オフィシャルサイト
https://www.kaijunokodomo.com/

リリース情報

2018.03.14 ON SALE SINGLE「Lemon」

2018.10.31 ON SALE SINGLE「Flamingo / TEENAGE RIOT」

2019.06.03 ON SALE DIGITAL SINGLE「海の幽霊」


「海の幽霊」特設サイト
https://reissuerecords.net/special/uminoyuurei/

米津玄師 オフィシャルサイト
 http://reissuerecords.net/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC