世界からSNSが消える!? 内田理央 主演ドラマ『向かいのバズる家族』オリジナルストーリーがHuluにて独占配信

世界からSNSが消える!? 内田理央 主演ドラマ『向かいのバズる家族』オリジナルストーリーがHuluにて独占配信

4月より放送され、SNSと密な連携を取った斬新な演出などで話題となっている、ドラマ『向かいのバズる家族』のオリジナルストーリーが配信決定。オンライン動画サービスHuluにて、6月6日(木)の地上波最終回放送後から「向かいの“バズれない”家族~SNSを奪還せよ~」の前編が配信される。

本作は「家族」と「SNS」をテーマに一見普通の家族があらゆるバズりを巻き起こし、それぞれの裏の顔が明かされることで、家族の崩壊と再生が描かれる新ドラマ。

そして、Huluオリジナルストーリーでは世間からこつ然とSNSが消えるという、まさかの事態が発生。あろうことか、篝家以外の人々の記憶からも、SNSの存在が完全に削除されてしまう。

ストレス発散で始めたナマハゲチョップ動画で人気者になった長女・あかり(内田理央)。料理動画で自己顕示欲を満たしていた母・緋奈子(高岡早紀)。自らがプロデュースするドラマ『少年スナイパー新平』への辛辣な意見をSNSで確認しては創作意欲を掻き立てられていた父・篤史(木下隆行)。匿名アカウントで正義を振りかざしていた弟・薪人(那智)。SNSでバズり、ネットの人気者になった篝家は、この現状に大慌て。紆余曲折ありながらも、キラキラと輝いていた日々を取り戻すべく、この世にSNSを復活させようと立ち上がる。

なお、「向かいの“バズれない”家族~SNSを奪還せよ~」の後半は6月13日(木)0時から配信開始。篝あかり役・内田理央からのコメントも到着したので、ぜひチェックしてほしい。

【内田理央(篝あかり役)コメント】
――Hulu版の見どころについて。
Hulu版は、本編とは違うパラレルワールドで、SNSがなくなった世界になってしまい、それ(SNS)を取り戻そうという話です。本編のストーリーを見てない方でも楽しめますし、本編をご覧になられた方でもその後の話として楽しんでいただけると思います。あかり(内田)と涼太(白洲迅)がその後どうなったかも見て頂きたいです。

――「向かいのバズる家族」終盤の見所について。
8話で家族が解散してしまうのですが、9・10話で「(家族を)どう復活させるか」という物語が始まります。家族のあり方というものについて考えさせられる作品になったなあと思います。家族という当たり前にあると思っていた関係が解散した時に、初めてさみしさが分かるという事があると思うので、そこはクライマックスに向けて気持ちが入ると同時に、私自身も考えさせられました。SNSがテーマのストーリーですが、SNSの関わりと家族との関わりの両方を一緒に見て頂きたいと思います。

配信情報

『向かいのバズる家族』Huluオリジナルストーリー
「向かいの“バズれない”家族~SNSを奪還せよ~」

前編:6月6日(木)最終回放送終了後より配信
後編:6月13日(木)0:00~配信

番組情報

プラチナイト 木曜ドラマF 『向かいのバズる家族』
毎週木曜 よる11時59分~0時54分(55分枠)
第9話:5月30日(木)/最終話:6月6日(木)
読売テレビ・日本テレビ系 全国ネット
制作協力:ザ・ワークス
出演:内田理央 白洲 迅 木下隆行(TKO)小野武彦/高岡早紀 ほか  
脚本:マギー
監督:藤井道人 他

オフィシャルサイト
https://www.ytv.co.jp/buzz/