藤原竜也史上最狂&最悪のドSキャラ! 映画『Diner ダイナー』ボンベロの映像が解禁

藤原竜也史上最狂&最悪のドSキャラ! 映画『Diner ダイナー』ボンベロの映像が解禁

7月5日(金)全国公開される、映画『Diner ダイナー』で、主演の藤原竜也が演じる、元殺し屋で天才シェフのボンベロのキャラクター映像が解禁された。

蜷川実花が映像化不可能と言われた原作小説『ダイナー』(平山夢明著・ポプラ社「ポプラ文庫」)を映画化した本作には、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤 工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗 旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華俳優たちも、全員“殺し屋”役で集結。店主も、客も、全員殺し屋のダイナー<食堂>を舞台に繰り広げられる、本能を極限まで刺激するノンストップ・エンターテイメントだ。

これまでにも様々な作品で個性的なキャラクターを演じてきた藤原が演じるボンベロもまた、“最狂”のキャラクター。この度解禁された映像でも、「お前はここから出られない」「365日24時間休みなしで働けるか?」「俺のルールを守れるか?」と次々に冷酷無情なセリフを吐き捨てていく様から、殺し屋たちすら自らのルールに従える王=“ボンベロ”の異常性を感じることができる。さらに、玉城ティナ演じるオオバカナコの顔を便器に押し付け、「舐めろ」と強制する姿や、怯えるカナコの顔スレスレに包丁を突き刺すボンベロの姿は、まさに、「従うか、死ぬか」の2択を迫る、藤原史上最狂&最悪のドSなキャラクターだ。しかし一方で、真剣に料理と向き合うボンベロの姿や、一人銃を見つめて真剣に思い悩む姿も描かれている。

<ダイナー>に集結しはじめる日本屈指の殺し屋たち、そして、唯一殺し屋ではない普通の存在として<ダイナー>に売られてきたオオバカナコ。彼ら全てがダイナーに集う時、一体何が起きるのか?? 続報とともに公開まで楽しみに待とう。

【STORY】
ようこそ、殺し屋専用の食堂<ダイナー>へ――
そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂<ダイナー>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒までが俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコは、ウェイトレスとしてボンベロに買われてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!

作品情報

映画『Diner ダイナー』
7月5日(金) 全国ロードショー

原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
出演:藤原竜也 窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ 小栗 旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二
監督:蜷川実花
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花
音楽:大沢伸一
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

オフィシャルサイトdiner-movie.jp

『DINER ダイナー』コミック