松坂桃李、劇場入り口でサプライズお出迎え! 映画『居眠り磐音』“大入り”御礼舞台挨拶実施

松坂桃李、劇場入り口でサプライズお出迎え! 映画『居眠り磐音』“大入り”御礼舞台挨拶実施

公開から約2週間が経ち、現在も大ヒット上映中の映画『居眠り磐音』の“大入り”御礼舞台挨拶が5月29日新宿ピカデリーにて行われ、主演の松坂桃李をはじめ、木村文乃、本木克英監督が登壇した。

松坂と本木監督が、劇場入り口にて観客をサプライズでお出迎えし、その場で大入り袋を直接手渡しした。サプライズ配布について「直接、ひとりひとりに感謝のことばを言える機会はとても貴重でいい機会だな、と思いました。ありがたいです」(松坂)、「松坂くんを見て皆様の目がキラキラしているのを、良いものだなと思って横で見ていました(笑)」(木本監督)と語った。

続いて、公開後の反響として、はるな 愛・北斗 晶ら著名人やSNSに投稿された感想の一部を紹介し、改めて作品の魅力を伝えた。

【はるな愛 感想】
「愛する人、家族、友達に対してこんなにまっすぐに向き合ったことがあるでしょうか? 人の思いが重すぎるほど見えてくる愛を教えてくれた映画でした。殺陣のスピード感、景色の綺麗さ、桃李くんのカッコ良さ、この作品は時代劇を好きになっていくいいきっかけになると思います」

松坂「本当にありがたいですね。これだけ影響力のある方にこうして発信していただけるのは、居眠り磐音だけでなく、時代劇を知るきっかけにもなるので嬉しいです」
木村「『桃李くん』といっているあたり、はるなさんの松坂さんへの思いを感じました(笑)。それくらい松坂さんの「新時代の英雄(ヒーロー)」がハマっていたんだなと思います」
本木監督「この作品をきっかけに、時代劇の美しさや醍醐味に触れていただけて嬉しいです」

【北斗 晶 感想】
「昔から、私が思う本当に強くて優しい男は“無口で孤独”。正に坂崎磐音は、私が思う本当に強い男そのものでした。時代劇の映画は数々観てきましたが、この時代ならではの、こんなに切なくて淋しくて…どうしたらいいんだろう? と考えさせられる映画は初めてでした。そして衝撃過ぎる結末とそれでも諦めない人を愛する心に号泣でした」

本木監督「これはまさに、松坂さんや木村さんが役柄を演じきってくれたからこその結果と思います。男女の恋愛感情の機微が表現できていたようで嬉しいです。松坂さんの演技は、周囲にもとても評判が良いです」
木村「そうです。この作品は、女性にも観ていただきたい映画です! ただ、皆さま北斗さんのように泣いてしまいますのでメイク直しのメイクポーチが必須ですね(笑)。恋人同士で観に行った際には、男性にはそれを待っている心の広さが必要です!」

また、特別企画として「お仕事相談コーナー」が実施され、松坂・木村・本木監督が観客からのお仕事に対する悩みに直接答えていった。

<特別企画:お仕事相談コーナー>
【相談①:女性】
「桃李さんがステキすぎて、磐音さまがステキすぎて、日中仕事に集中できないのですが、どうしたらいいですか?」

松坂「僕も、撮影のときに、好きなアニメや漫画について考えてしまうことも、確かにあります(笑)。その気持ちを、なるべく目の前の仕事に向かうための原動力に変換できるといいと思います」

【相談②:20代男性】
「4月から働き始めた新社会人です。仕事を始めてまだ2か月ほどですが、新しい環境に慣れずこれからちゃんと仕事をやっていけるか不安です。みなさんは新しい環境にはすぐに馴染めますか?」

松坂「いつも新しい現場では、スタッフさん同士で何と呼びあっているか? を察知してそのあだ名で呼んでみたり、スタッフさんの間で流行っていることを一緒にやってみたりしています。お互いにコミュニケーションを取りたい、という思いはあるはずなので、自然と打ち解けていく時がくるはずです」
木村「松坂さんのおっしゃるように、呼び名には魔法があるとおもいます。積極的に相手の名前を呼ぶことで、心が通じ合う気がしますよね」

入口でのサプライズ登場や、「お仕事相談コーナー」など、観客と出演陣の距離がとても近く感じられた本イベントは、大盛況のうちに幕を下ろした。

【STORY】
主人公・坂崎磐音(松坂桃李)は人情に厚く、礼節を重んじる好青年で、春風のように穏やか。剣の達人ではあるが、その剣術は日向ぼっこで居眠りする老猫のようで、眠っているのか起きているのかわからないことから「居眠り剣法」と呼ばれていた。
江戸勤番を終え九州・豊後関前藩に三年ぶりに戻った磐音と幼馴染の小林琴平(柄本佑)、河井慎之輔(杉野遥亮)。琴平の妹・舞は慎之輔に嫁ぎ、また磐音も、琴平と舞の妹・奈緒(芳根京子)と祝言を控えており、三人は幼馴染以上の深い絆で結ばれていた。
ところが、磐音と奈緒の祝言の運びになった時、慎之輔が「妻・舞が不貞を犯した」という噂を聞き、舞を斬ってしまう。それに激高した琴平は慎之輔に噂を吹き込んだ人物、さらには慎之助をも斬るという凄惨な展開に。琴平は罰せられることとなり、磐音が琴平を討ち取るよう命じられてしまった。
決死の闘いで琴平を討ち取った磐音は実の兄を殺した以上、奈緒と一緒にはなれないと、奈緒を残し脱藩することを決意。すべてを失い、江戸へ向かった――。
江戸で浪人として長屋暮らしを始めた磐音は、収入源がなく家賃の支払いも滞るように。見かねた大家の金兵衛(中村梅雀)に鰻割きの仕事や、両替商・今津屋の用心棒の仕事を紹介してもらい、なんとか生活の工面をしていた。穏やかで優しいが、剣も立つ磐音は次第に周囲から頼られる存在になっていき、今津屋の女中で金兵衛の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持たれるなど江戸での暮らしも慣れ始めてきた。
そんな折、今津屋が南鐐二朱銀をめぐる騒動に巻き込まれ、磐音は用心棒として今津屋を守るために立ち向かうー。

作品情報

居眠り磐音
公開中


原作:佐伯泰英「居眠り磐音 決定版」(文春文庫刊)
出演:松坂桃李 木村文乃 芳根京子 柄本 佑 杉野遥亮 佐々木蔵之介 陣内孝則 谷原章介 中村梅雀 柄本 明 ほか
監督:本木克英
脚本:藤本有紀
音楽:髙見 優
製作:「居眠り磐音」製作委員会
配給:松竹
©2019映画「居眠り磐音」製作委員会

オフィシャルサイト
iwane-movie.jp
オフィシャルTwitter
https://twitter.com/iwane_movie
オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/iwane.movie/