山本舞香が『○○発東京行き』番外編で語りを担当! 「ホームシックになってめっちゃ泣いてました」

山本舞香が『○○発東京行き』番外編で語りを担当! 「ホームシックになってめっちゃ泣いてました」

女優の山本舞香が、6月2日(日)深夜1時から放送されるカンテレの単発バラエティー番組、『○○発東京行き2019春~まだまだドラマがありました~』(関西ローカル)の語りを担当。山本からのコメントも到着した。

本番組は、東京を目指し、バスやフェリーなど、全国各地のターミナルから上京する人たちに密着し、その先で起こる人間ドラマを見届けるドキュメント・バラエティー。5月26日に全国ネットで放送されたが、伝えきれない多くのドラマがあったため、番外編が放送されることになった。登場するのは、好きなバンドのライブを見るために上京する男性、東京に就職した親友の様子が気になり、心配のあまり思い立って高速バス乗り場まで来た人など。

全国ネット版収録時

ちなみに、語りを担当した山本は、自身も鳥取から上京した経験をもつ。先日放送された全国ネット版では、パネラーとして収録に参加したが、今回も番外編のナレーターとして数々の上京物語に思いをはせた。コメントでは上京した当時の心境や、地元・鳥取の魅力なども語っているので、ぜひチェックしてほしい。

【山本舞香 コメント】
――鳥取から上京された時のエピソードを教えてください。
実は、すごく“嫌”でしたね。親と離れることもすごく辛かったですし、戸惑いの方が多くて…怖いっていう感情でしたね。13歳で上京して、私一人で寮に入ったのですが、ホームシックになってめっちゃ泣いてました。帰りたい…って(笑)

――家族に電話されたりしましたか?
しました。でも、電話したら「負けちゃう」って思う自分もいたので、「絶対負けない!」って、思ってましたね。

――鳥取の良さはなんですか?
空気もいいし、食べ物もおいしいし、自然に恵まれている地域ですね。私が住んでいたのは米子ってところなんですけど、すごくあったかい街です。

――東京の良さは?
なんでもあるかな、身近に。お店とか。そこだけですね(笑)。最初の印象が“嫌”だったので(笑)。最初の印象がよくないから心からは好きになれないのかも。東京は、『仕事をする場所』っていう感じですね。

――これから上京しようとしている人たちにメッセージを。
自分の思うように、楽しく、後悔ないように挑戦してほしいなと思います。上京は、楽しいです! いろんな新しいことが待っていて、新しい経験もできると思います。

――番組の見どころをお願いします!
私がナレーションの時に見た短いシーンだけでもつい笑顔になってしまう、そんな番組です。クスっと笑える幸せな映像がたくさんあるので、ぜひ楽しみにしてください!

番組情報

『○○発東京行き2019春~まだまだドラマがありました~』(関西ローカル)
6月2日(日) 深夜1:00~1:54放送

出演者(語り):山本舞香(鳥取出身)

番組ページ
https://www.ktv.jp/tokyo_after/