宮野真守 主演『HUMAN LOST 人間失格』に松田健一郎、小山力也が出演決定! 新キャラクターの情報解禁

宮野真守 主演『HUMAN LOST 人間失格』に松田健一郎、小山力也が出演決定! 新キャラクターの情報解禁

太宰治生誕110周年を記念作品として、2019年に全世界で公開される劇場アニメ『HUMAN LOST 人間失格』の新キャラクター・澁田と厚木キャラクター映像が解禁となった。

また、澁田を演じる松田健一郎、恒子を演じる小山力也のコメントも到着。『HUMAN LOST 人間失格』 オフィシャルTwitterアカウントでは、フォロー&該当ツイートをRTで、 澁田と厚木のセリフ入りサイン色紙が抽選で1名に当たるキャンペーンが実施中だ。

厚木(CV:小山力也)

本広克行(スーパーバイザー)×木﨑文智(監督)×冲方丁(脚本)×ポリゴン・ピクチュアズ(アニメーション制作)の最強布陣で手掛けられる本作は、太宰 治の『人間失格』をSF作品としてダイナミックにリメイク。主人公・大庭葉藏(おおばようぞう)役は、声優・アーティスト・俳優など幅広く活躍する宮野真守が演じる。

アイキャッチ:澁田(CV:松田健一郎)

澁田、厚木のキャラクター紹介映像はコチラ:
https://youtu.be/Bmf-ueLKo3I

キャラクター・キャスト情報

澁田(CV:松田健一郎)
「文明の再生と崩壊以外に、何があるというのだ」
ヒューマン・ロストに対抗する隠れた国家機関“ヒラメ”の所長。“S.H.E.L.L.(シェル)”の信奉者で、現体制の維持継続を最優先に命令を下す。医療革命がもたらしたアンチエイジングによって見た目こそ中年だが、実際は厚木よりも年長者。

【松田健一郎 コメント】
Q.澁田というキャラクターについての印象をお聞かせください。
澁田はS.H.E.L.L.体制を守る機関の責任者として忠実に職務をこなしています。しかし体制に対し拭いきれない矛盾も感じているように思います。管理されることによって変わってしまった「生」と「死」の価値観は彼にとって簡単には受け入れられるものではないのかもしれません。それ故に常に心に強い葛藤を抱いている人物だと自分は感じました。

Q.本作を楽しみにしてくださっているファンの皆様に一言お願い致します。
映像による文学であり哲学とも言える作品です。「生」と「死」の在り方に強く問いかけてくる作品だと思います。是非ひとりでも多くの方にこの作品に触れていただきたいと思っております。

厚木(CV:小山力也)
「俺が差し違えてでも仕留める」
ヒューマン・ロストに対抗する隠れた国家機関“ヒラメ”の実行部隊長。実直さと信念がある屈強な老兵。美子の親代わりで、彼女が“ヒラメ”に保護されてからずっと面倒をみている。

【小山力也 コメント】
Q.厚木というキャラクターについての印象をお聞かせください。

どう生きるか。何を信じ、何を守り、何に抗い、何を犠牲にし、何を武器にして、どう闘い、どう生きるか。理不尽、不正、プレッシャー、脅威、そして暴力。どう防ぎ、どう受け止め、どう打ち返すか、どう押し返すか、どう倒し、どう勝利するか。過酷の中に安らぎを。衝撃の中に希望を。そして出来得るなら、全速の中にゆとりを。心のゆとりを。走り続ける厚木に、心震えました。

Q.本作を楽しみにしてくださっているファンの皆様に一言お願い致します。
フィクションだからこそ、追及出来るリアル。架空の中の現実、空想の中の真実、そして、あり得ない事が起こり得る戦慄。「若さ」は、ときに、「あり得ない!」を連発します。しかし、あり得ない事は、有るのです。怪物は、いるのです。フィクションでエンターテイメントを満喫してください。そして、貴方に立ちはだかる怪物と闘ってください。それを必ずや、打ち倒してください。もちろん、正々堂々と。先ずは、僕達を、目に焼き付けてください!!

作品情報

『HUMAN LOST 人間失格』
2019年全世界公開

【STAFF】
原案:太宰治「人間失格」より
スーパーバイザー:本広克行
監督:木﨑文智
ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部

【CAST】
大庭葉藏:宮野真守
柊 美子:花澤香菜
竹一:福山 潤
澁田:松田健一郎
厚木:小山力也
マダム:沢城みゆき
恒子:千菅春香

©2019 HUMAN LOST Project

『HUMAN LOST 人間失格』オフィシャルサイト
https://human-lost.jp