望月 歩「役作りは“ラブリー”」。主演映画『五億円のじんせい』場面写真が一挙解禁

望月 歩「役作りは“ラブリー”」。主演映画『五億円のじんせい』場面写真が一挙解禁

7月20日(土)よりユーロスペース他にて公開される、映画『五億円のじんせい』の場面写真が一挙解禁された。

善意の募金五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年、高月望来。17歳になり五億円にふさわしい自分かどうか悩んでいた望来は、とある出来事をきっかけにSNSで自殺を宣言。そこへ見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届く。夏休み、望来は家を飛び出し、五億円の“借金”を返して自由になるための旅に出ることに。そして、様々な人と出会い、事件に巻き込まれながら、思わぬ発見が彼を待っていたーー。

主人公に抜擢されたのは、撮影時に役柄同様、高校3年生だった望月 歩。『ソロモンの偽証』やドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』などに出演し、着実に経験を積んでいる若手実力派の彼にとって、本作が初主演作となる。周囲の期待に応えようとする「いい子」の望来が、家出の中で、ホームレスや、工事現場、添い寝カフェ、死体清掃などの労働を経験し、今まで知らなかった世界を知ることで強くたくましく成長していく様子が描かれる。

【望月 歩コメント】
(初めての主演は)楽しさとプレッシャーの両方がありました。監督とは自分の考えを話して、質問して、監督の考えを聞いて一緒に役を作っていきました。その中で印象的だった言葉は「ラブリー」です。「こう動いたらラブリーに見えるよね」みたいな。今まで「ラブリー」という言葉を口にしたことがなかったので照れくささもありつつ、「ラブリーとはこういうもの」というイメージもなかったので、監督の求める「ラブリー」を理解できた感じです。監督はいつも楽しそうで、ワクワクが伝わってくるし、一緒に作っているなとすごく感じて、「この人の気持ちに応えたい」という気持ちになりました。本当の自分を出せていない人や、今の自分から変わりたいと思っている人が、望来の変化や成長を見て、勇気を持ってくれたらいいなと思います。

【文晟豪(監督)コメント】
高校生らしい危うさと瑞々しさを持った人を!同年代で役にシンパシーを感じてくれる人を!そんな人を探していました。望月歩さんにはそれがありました。とても魅力的な望月さんも、等身大ということを考えると、 1年違えば巡り合っていなかったかもしれません。見事に演じきってくれた望月さんに感謝です。

作品情報

『五億円のじんせい』
7月20日(土)よりユーロスペース他にて全国順次公開

監督:文晟豪(ムン・ソンホ)
脚本:蛭田直美
出演:望月 歩(「ソロモンの偽証」「3年A組-今から皆さんは、人質です-」)山田杏奈 森岡 龍 松尾 諭 芦那すみれ 吉岡睦雄 兵頭功海 小林ひかり 水澤紳吾 諏訪太朗 江本純子 坂口涼太郎/平田 満 西田尚美
主題歌:「みらい」ZAO

製作:畠中達郎 田中祐介
プロデューサー:遠藤日登思 押田興将 松田広子 中澤 元
協力プロデューサー:盛 夏子 諸田 創 宮瀬佐知子 
助監督:久保朝洋 
撮影:田島 茂
照明:山田和弥
録音:齋藤泰陽
美術:小坂健太郎
装飾:遠藤善人
スタイリスト:水野遼平
ヘア・メイク:有路涼子
スクリプター:松本 月
編集:脇本一美
制作担当:芳野峻大
音楽:谷口尚久
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給協力:コピアポア・フィルム
配給:NEW CINEMA PROJECT
助成: 文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT

オフィシャルサイト
https://gyao.yahoo.co.jp/special/newcinemaproject/