GENERATIONS・関口メンディー、“ハローメンディー”を祝福! 「1位を取れると思っていなかった」

GENERATIONS・関口メンディー、“ハローメンディー”を祝福! 「1位を取れると思っていなかった」

6月4日(火)、サンリオピューロランドで開催された第34回「2019年サンリオキャラクター大賞」結果発表会において、コラボ部門にエントリーしたHELLO MANDY ★ SANRIO CHARACTERSの人気キャラクター『ハローメンディー(HELLO MANDY/以下ハローメンディー)』が栄えある1位を獲得した。当日はハローメンディーのライブキャラクターとともに、応援のために駆けつけた関口メンディー(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)も揃って登壇した。

「サンリオキャラクター大賞」は、1986年から毎年行われてきたサンリオキャラクターの人気投票イベント。34回目を迎えた2019年は“令和のカワイイを探せ!”とのキャッチフレーズを掲げた。今回ハローメンディーが初参戦を果たした「サンリオキャラクター大賞コラボ部門」は2013年に新設。近年もいっそう注目度の高まるキャラクター界の一大行事として知られている。

ハローキティ、シナモロール、ポムポムプリンなどで知られるサンリオのキャラクターとコラボして昨夏登場して以降、オリジナルアイテムの発売やライブキャラクターによるハグイベント実施といった新鮮なニュースを世の中に届けてきたハローメンディー。今回満を持して「2019年サンリオキャラクター大賞コラボ部門」へ初参戦し、そして、ついにこの日、およそ1ヵ月半に及んだ投票期間を経て結果発表が行われた。

ゲストとして招かれていた関口メンディーは、ハローメンディーのコラボ部門1位受賞の発表を受け、「1位になることができて、すごくうれしいですし、これからもっとハローメンディーが人気者になってくれたら、僕もうれしいと思います」と感想を述べ、最後に「ハローメンディー! おメンディー!」と締めくくると、会場からは大きな歓声と拍手が巻き起こった。そして最後には、ハローキティから関口メンディー本人へ花束が贈呈され、記念すべき1日に文字どおり花を添えた。

今後は、6月第1週より待望のカプセルトイの販売が順次スタート。ハローメンディーのぬいぐるみプライズ第2弾も、全国のアミューズメント施設での展開が控えているなど、多彩な施策が目白押しとなっている。最高の形で第34回「2019年サンリオキャラクター大賞コラボ部門」への参加を終えた今、キャラクターシーンにさらなる旋風を巻き起こしつつあるHELLO MANDY ★ SANRIO CHARACTERSの動きに注目だ。

HELLO MANDY プロフィール
ハローキティを始め、バッドばつ丸、ポチャッコ、シナモロール、ポムポムプリン、マイメロディと大の仲良しである優しい男のコ。今やサンリオキャラクターズ・クルーの一員となっている。好きな食べ物はハンバーガー。キャラ弁を作るのが趣味。誕生日は11月12日(=ヒップホップの日)で、特技はダンス。実は……首から下げているネックレスを身につけると誰でもうまく踊れるらしい……!? スポーツと人を笑顔にすることが大好き!

©1976,1989,1993,1996,2001,2018,2019 SANRIO CO., LTD. APPR.NO.S600989
©LDH ASIA

関口メンディー(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)コメント
今回の「2019年サンリオキャラクター大賞」コラボ部門で1位を取れると思っていなかったので、驚いたと同時にとてもうれしいです。こうして1位を取ることができたのも、ファンのみなさんはもちろん、同じグループのメンバー、先輩や後輩といった様々な方々が応援してくださり、盛り上げていただいたおかげでもあります。改めて感謝の気持ちを持って、ハローメンディーを盛り上げていけるように頑張りたいと思います。ハローメンディーはグッズだけに止まらず、アニメなどさらに広がりを持てるキャラクターだと思いますので、日本だけではなく世界へハローメンディーが羽ばたくことを望みつつ、僕も一緒に進んで行けるように頑張りたいと思います。


“ハローメンディー”ラバーマスコットの詳細はこちら
www.takaratomy-arts.co.jp/items/item.html?n=Y876561

フリュー オフィシャルサイト※クレーンゲーム展開情報はこちら
charahiroba.com

GENERATIONS from EXILE TRIBE オフィシャルサイト
http://generations-ldh.jp/

EXILE オフィシャルサイト
http://exile.jp


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC