映画『町田くんの世界』メイキング映像「細田佳央太×池松壮亮編」が解禁

映画『町田くんの世界』メイキング映像「細田佳央太×池松壮亮編」が解禁

『舟を編む』で、第37回日本アカデミー賞・最優秀作品賞を含む計6部門を受賞。“史上最年少”での最優秀監督賞受賞となった天才・石井裕也監督が、第20回手塚治虫文化賞・新生賞受賞作家の傑作漫画を題材に、主演・超新人×奇跡の豪華キャストで描く衝撃の人間賛歌、映画『町田くんの世界』が、6月7日(金)より全国公開となる。

いま最も次回作が期待される監督として国内外から注目を集める天才・石井監督の最新作に集結したのは、9人の豪華俳優陣。岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子――。誰が主演でもおかしくない、まさに奇跡の顔合わせ。そして主演に抜擢されたのは、演技経験ほぼゼロの超新人。1,000人超えのオーディションを勝ち抜いた、細田佳央太と関水 渚の“まっしろ”なふたりが、最高最強のキャストとともに、まったく新しい日本映画の扉を開く!

そしてこのたび、演技経験ほぼゼロながら主演に大抜擢された細田が、石井監督が絶対的信頼を寄せる演技派俳優・池松との共演シーンに挑むメイキング映像が解禁。また、池松が新人ふたりとの共演について語ったコメントが到着した。

主人公・町田一役に大抜擢された細田。本映像では「ひとりだけ異彩を放っていました。この人と組めば間違いないと16歳(当時)に思わせられました」と石井監督に言わしめた細田が、運動神経ゼロの町田くんを象徴する、衝撃の超低速走り=“町田走り”を披露するなど体当たりで撮影に挑む姿が収められている。

このシーンで相対したのは石井監督が絶大な信頼を寄せる池松。同じメガネでも、町田くんの世界とは対極にある、週刊誌の記者・吉高とぶつかり合う重要な場面で、「もっと頑張らないと。(池松に)声量で負けてるから」と石井監督に激を飛ばされていた細田は、「楽しかったですし、いろんなものを、こういう表現の仕方もあるんだっていう意味で、いろんなことを吸収させていただきました」と池松との共演を振り返っている。

一方の池松は「すごく良い目をしていて、ちょっとfunny(ファニー)な顔をされていて、ああいう人が主人公の映画って日本映画ではなかなかないと思いますし、顔が好きです」と表情豊かな演技を見せる細田の魅力を語っている。

また、池松は本作の主演を務めた細田と関水について「面白かったですよ。素晴らしいふたりでしたし、身ひとつで立ち向かってくるわけですから、どっちも普段以上に気を引き締めないとやられてしまいますから」とふたりとの共演を振り返りつつ、「あのふたりは令和なんです。佐藤浩市さんは昭和なんです。僕は平成なんです。世代間の話じゃないですが、平成がうかうかしてられないじゃないですか。平成はなんだったんだ? と言われるから。どう踏ん張っても。でも、大衆を、世界を相手にするには、令和だけじゃ映画はダメだと思うんです。もちろん平成だけでもダメだし、昭和だけでもダメで。だから今回、おのずとグルーヴ感は出ていると思います」と新人が主演を務めたからこそ生まれた特別な作品になったと語る。

世界の見え方をも180度変えてしまうユニークなメッセージと、そして驚天動地のラスト! 日本映画のセオリーをすべてブッ飛ばすこの意欲作は、<悪意に満ちた世界>=<平成>から、新時代<令和>に贈る衝撃の人間賛歌。そんな本作に出演する令和の日本映画界を牽引する若手キャストと、平成の映画界を支えてきた実力派俳優による新時代の幕開けにふさわしい豪華共演をスクリーンで確かめよう!

作品情報

『町田くんの世界』
6月7日(金)公開
出演:細田佳央太 関水 渚
岩田剛典 高畑充希 / 前田敦子 太賀
池松壮亮 戸田恵梨香
佐藤浩市
北村有起哉 松嶋菜々子
監督:石井裕也
原作:安藤ゆき『町田くんの世界』(集英社マーガレットコミックス刊)
主題歌:「いてもたっても」平井 堅
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

映画『町田くんの世界』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/machidakun-movie/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC