川栄李奈、コムアイ、板野友美らも出演! 映画『Diner ダイナー』追加キャスト発表

川栄李奈、コムアイ、板野友美らも出演! 映画『Diner ダイナー』追加キャスト発表

7月5日(金)全国公開される、藤原竜也主演の映画『Diner ダイナー』に出演する追加キャストが発表された。

蜷川実花が映像化不可能と言われた原作小説『ダイナー』(平山夢明著・ポプラ社「ポプラ文庫」)を映画化した本作には、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤 工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗 旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華俳優たちも、全員“殺し屋”役で集結。さらに、ヒロイン役として玉城ティナが抜擢されている。

これだけでも、充分すぎるほど豪華だが、今回発表されたキャストも超豪華だ。解禁された画像で、黒髪にカラコンという出で立ちでピンクの洋服を着こなすのは川栄李奈。カナコが<ダイナー>に売られる直前に訪れた旅行代理店のスタッフとして働いており、カナコの名前を見て小馬鹿にする女性を演じている。また、小説『白鯨』を手に湖の前で物憂げな表情を見せる女性は「水曜日のカンパネラ」のボーカルとしても活躍するコムアイ。彼女が登場するのは、衝撃の事実が明かされる重要なシーンだ。そして、カナコが眺めているTV画面に映るお天気キャスターには板野友美が扮するほか、モノクロの写真の中に収まるのは人気女優・木村佳乃。劇中でも写真としての登場のみにはなっているが、実は、殺し屋の一人“スキン”(窪田)の亡くなった母親役。スキンは母の写真を肌身離さず持ち歩き、母との大切な思い出に生きる希望を見出している。さらに、母に捨てられ、孤独な少女時代のカナコをあやす祖母役に角替和枝。カナコの唯一の特技である料理を教え、優しさと温かさ溢れる祖母として映画に登場している。そして、強烈なインパクトを放つのが品川 徹。今回解禁されたキャストの中で唯一、<ダイナー>に来店するキャラクターとなっており、本郷演じる“キッド”にとって欠かせない存在だ。

今回解禁されたキャスト陣が、いつ、どこで、どんな風に彼女たちが登場するのか、些細なシーンも見逃し厳禁のチェックポイント! ぜひスクリーンでチェックしてみては?

【STORY】
ようこそ、殺し屋専用の食堂<ダイナー>へ――
そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂<ダイナー>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒までが俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコは、ウェイトレスとしてボンベロに買われてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!

作品情報

映画『Diner ダイナー』
7月5日(金) 全国ロードショー

原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
出演:藤原竜也 窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ 小栗 旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二
監督:蜷川実花
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花
音楽:大沢伸一
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

オフィシャルサイトdiner-movie.jp

『DINER ダイナー』コミック