山本舞香、“あんていく”制服姿で登場!「東京喰種:re CAFE」公開食レポに挑戦

山本舞香、“あんていく”制服姿で登場!「東京喰種:re CAFE」公開食レポに挑戦

6月6日(木)から池袋パルコにて期間限定オープンする実写映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』のコラボレーションカフェ「東京喰種:re CAFE」のマスコミ向け内覧会が6月4日に行われ、本作でヒロイン・霧嶋董香(トーカ)を演じた山本舞香が登場。オリジナルメニューの試食やトークセッションを行った。

本イベントには、劇中でトーカが着用している喫茶“あんていく”の制服姿に身を包んだ山本が登場。見た目にもインパクト抜群のメニューの数々に圧倒されながらも、まずは“カネキの隻眼カレー”を試食。カネキの独特な瞳をイメージしたカレーライスだが、恐ろしい見た目に反して「いいにおい!」「おいしい!」と感激した様子をみせる。続いて、自身が演じた“トーカのゼリードリンク”が運ばれると、青く澄んだ美しい色合いに「おしゃれでかわいい! 映え!」と大喜び。最後に宿敵・月山をイメージした“『美食家』月山のローストビーフ”を前にすると、「月山が映画の中で食べてたのを思い出した~!」と興奮気味にコメントした。血のようなソースがかかったローストビーフや、目玉をイメージしたチーズに驚きつつも、次々に口へ運び満面の笑みで「おいしい!」を連呼。注目のカフェメニューを実食した感想を問われた山本は、「味が大丈夫かなと疑っていたんですけど、おいしくてびっくりしています。写真に撮れるのが面白いし、喰種になった気分で食べられます。安心しました」と大絶賛した。

本作への出演について問われると、「前作よりもパワーアップしていますし、アクションにもCGにもすごく力が入っていて映像もすごくかっこいい。窪田正孝さんも松田翔太さんやキャストのみなさんもとても素敵なので、ぜひ見てください!」と自信をのぞかせた。さらに、映画の公開を楽しみにしているファンに向け、「ラスト20分の喰種vs喰種のバトルはもちろん見どころですが、人間と喰種のドラマもすごく素敵なので、そこにも注目していただきたいと思います。あとは音楽も素敵なのでエンドロールまでしっかり見てください!」とメッセージ。最後は「映画を観る前にこのカフェに来ていただいて、喰種の世界に浸っていただき、それから映画を観てください。そうしたら、ちょっと(喰種に)親近感が湧くかもね!」と満面の笑みでコメントした。

コラボカフェでは、原作オフィシャル新作グッズの先行販売や映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の衣装展示など盛りだくさんの内容となっている。

イベント情報

「東京喰種:re CAFE」
開催期間:6月6日(木)~7月15日(月・祝)
場所:池袋パルコ本館7階

「東京喰種:re CAFE」オフィシャルサイト
http://the-guest.com/tokyoghoul_re_ikebukuro/

作品情報

『東京喰種 トーキョーグール【S】』
7月19日(金)全国ロードショー

【STORY】
不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない【喰種】と人間のハーフになってしまったカネキは、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、いまは喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せており、トーカらとともに生活をしている。そんな最中、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が「あんていく」を訪れる。月山を厄介者だと言い露骨に嫌な顔をするトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。だが、月山は人間と喰種のハーフであるカネキの特殊な「におい」に目をつけ、カネキを「喰種レストラン」へ招き入れる。カネキVS月山…それぞれの【正義】がぶつかり合い、人間と喰種の共存を賭けた闘いがいま始まる―。

原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「ヤングジャンプコミックス」全14巻
監督:川崎拓也 平牧和彦
脚本:御笠ノ忠次
出演:窪田正孝 山本舞香 鈴木伸之 小笠原 海 白石隼也 木竜麻生 桜田ひより 村井國夫/知英 マギー 森七菜 ダンカン 栁 俊太郎 坂東巳之助 松田翔太
配給:松竹
©石田スイ/集英社   ©2019「東京喰種【S】」製作委員会

オフィシャルサイト
http://tokyoghoul.jp/
オフィシャルtwitter
https://twitter.com/tkg_movie
オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/tkg_movie/