石井裕也監督最新作『町田くんの世界』が「ファンタジア国際映画祭」コンペティション部門への選出が決定

石井裕也監督最新作『町田くんの世界』が「ファンタジア国際映画祭」コンペティション部門への選出が決定

映画『町田くんの世界』が、7月11日(火)から北米カナダで開催される「ファンタジア国際映画祭」コンペティション部門「Cheval Noir(シュバル・ノワール)」への選出が決定した。

本作は、『舟を編む』で「第37回日本アカデミー賞」最優秀作品賞を含む計6部門を受賞、“史上最年少”での最優秀監督賞受賞となった天才・石井裕也監督と興行収入50億突破の大ヒット作『キングダム』プロデューサーの北島直明が、「第20回手塚治虫文化賞」新生賞受賞作家の傑作漫画を題材に描く人間賛歌。岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子という豪華キャストが出演する中で、演技経験ほぼゼロの超新人・細田佳央太と関水 渚が主演に抜擢されたことでも話題となっている。

演技未経験だった関水 渚、映画『町田くんの世界』ヒロインを生きた。「本当に幸せで、感謝の気持ちでいっぱい」

演技未経験だった関水 渚、映画『町田くんの世界』ヒロインを生きた。「本当に幸せで、感謝の気持ちでいっぱい」

2019.06.04

「ファンタジア国際映画祭」は、カナダ東部に位置するケベック州最大の都市モントリオールで開催される国際映画祭。1996年にジャンル映画祭として始まり、現在では北米最大のジャンル系映画祭として、アジアやヨーロッパ、北米の作品を中心に約400作品を上映。同地で開催される「モントリオール世界映画祭」に並ぶほど近年注目を集めており、会期中の来場者数は10万人を超える映画祭だ。石井監督作品では、2010年に『川の底からこんにちは』が最優秀作品賞を受賞しており、今作での受賞に期待がかかる。

映画『町田くんの世界』は6月7日(金)より全国公開。

【STORY】
運動も勉強も苦手で、見た目も普通な町田くん。しかし、彼には困った人の事は絶対に見過ごさず、接した人みんなの世界を変えてしまう不思議な力が…!? そんな町田くんに訪れた突然の出来事…。優しさに溢れていた“町田くんの世界”がひっくり返る!

作品紹介

『町田くんの世界』
6月7日(金)全国公開

監督・脚本:石井裕也
脚本:片岡 翔
音楽:河野丈洋
企画・プロデュース:北島直明
原作:安藤ゆき「町田くんの世界」(集英社マーガレットコミックス刊)
出演:細田佳央太、関水 渚、岩田剛典、高畑充希/前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

『町田くんの世界』原作