古舘佑太郎「ケンカし、絶交宣言したこともありました」。映画『いちごの唄』完成披露試写イベント開催

古舘佑太郎「ケンカし、絶交宣言したこともありました」。映画『いちごの唄』完成披露試写イベント開催

7月5日(金)より全国ロードショーとなる映画『いちごの唄』の完成披露試写会イベントが、6月4日に新宿ピカデリーにて開催され、古舘佑太郎、石橋静河、和久井映見、岸井ゆきの、峯田和伸、宮本信子、菅原伸太郎監督が登壇し、撮影エピソードや初恋にまつわるトークを繰り広げた。

オフィシャルレポート

満員の観客を前に古舘は「ただいま、大変緊張しています」とその言葉通り、緊張した面持ちで語ったが「それもこれも、これだけたくさんのお客さまに集まっていただいたおかげです。ありがとうございます」と感謝を伝えた。

古舘は自身が演じた役について「コウタという人間をどうやっていいかわかんなくて、何度もケンカし、絶交宣言したこともありました」と振り返ったが、ヒロインの“あーちゃん”こと千日を演じる石橋と顔を合わせたことで「ガラッと変わって、『頭で考えるな!  感じろ!』ということを彼女に教えてもらいました。役としてだけでなく、僕も彼女のことを“女神”だと思っています!」と石橋を絶賛した。

また、石橋は古舘について「(古舘と会ったら)コウタにしか見えず、チャーミングでユーモアのある動きをされるのがおかしくて、そこから2人の関係性が始まった気がします」と笑顔を見せた。それを聞いた峯田も、古舘=コウタそのままだと強調。「(共通している部分は)しゃべっている時に目を大きくして顔を近づけてくるところとか(笑)。インタビューでも古舘くんは『僕はコウタとは違うんで』と言うけど、僕から見たら同じ」と断言した。宮本も「(衣装の)半ズボンが似合ってて、いまどき珍しいけど、素敵だなと思いました」とコメント。コウタの母を演じた和久井は、以前、別のドラマで共演した際に見せていたシリアスな様子とは一転して「目がキラキラして、表情がクルクル変わる古舘くんを見て『どっちが本当なんだろう?』と思ってました」と優しく語った。以前から古舘をよく知る岸井は、10代の頃の古舘について「もっと尖ってて、怒っているイメージがあった」と証言するが、古舘は「10代の頃は尖ってて、20代になって大人になりました」と照れくさそうに釈明。共演陣からの“古舘評”に「自分じゃわかんないです」「汗が止まんない(苦笑)!」と戸惑いを見せた。

続いて「本作を通じて自身の“初恋”を思い出したりしたことは?」と尋ねられた宮本は、「学生の時にちょっと素敵だなと思う先輩がいたりして、心臓がドキドキしたことは覚えてますね」とニッコリ。宮本から「あなたは?」と振られた峯田は「高校3年間、ずっと好きだった人がいたんですけど、ひと言もしゃべらず、廊下から見てただけでした。『今日も登校してるな』と」とほろ苦い恋の思い出を明かした。さらに、このエピソードには続きがあるそうで「去年、初めて同窓会に行ったら(恋の相手が)いらして…」と語り、そこで当時の気持ちを伝えたそうだが「『あなたのことが好きで、バイトしてた花屋も知ってて、見てました』と言ったら『それたぶん、私のドッペルゲンガーです』『花屋でバイトした記憶がないです』とか言われて、俺が見てたのは何だったんだ!」と苦笑交じりに語った。

改めて、峯田は本作について「原作は小説で、足掛け3年くらいかかってこうして映画も完成して、無事に出産できてよかったなぁという気持ちです。岡田さんがお母さんで僕がお父さんで、岡田さんが身を削って生んでくれて『生まれた』と聞いて(産婦人科の)待合室で『あぁ、よかった!』みたいな気持ちです」と独特の表現で喜びをコメント。物語の中には銀杏BOYZの楽曲が取り入れられているが、峯田は「1曲1曲作っている時は、恋人とうまくいかなかったり、駅で別れて家まで歩いて帰ったときに見た景色が歌詞になっていたり、報われない時に曲ができて、その時は寂しさを抱えてたりしたけど、それが数年経ってまさか物語になって、みなさんに見てもらえるなんて…。いろいろ報われたなと思います」と万感の思いを口にする。本作で長編監督デビューを飾った菅原監督も峯田の言葉に深くうなずき「(作品は)子どもみたいなもの。すごくかわいいし、ちょっとブサイクなところもあるけど(笑)、それをみなさんがどう思うのか? 共感であったり、いろんな思いを持っていただけたら」としみじみ語った。

最後に、古舘は「僕が最初に銀杏BOYZを聴いたのは15歳の時。何も説明できないけど『うわっ!』という感情がこみ上げてきて、部屋でひとりで大暴れして本棚を倒したりしました。僕が思う青春って説明できない感情が爆発するもので、僕はそれを銀杏BOYZに教わりました。みなさんにとっても言葉で説明できない衝動を感じていただけたら嬉しいです」とメッセージを送った。

【STORY】
コウタは不器用だけど優しい心を持つ青年。唯一の親友だった伸二は、中学生の頃2人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトのあーちゃん(天野千日)を交通事故から守り亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会し環七通りを散歩する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日…また。」コウタはカレンダーに印をつけ、この日だけを楽しみに一年を過ごす。
次の年も、その次の年もふたりは会い、他愛ない話で笑いながら環七通りを散歩する。
しかしある年、千日は自分と伸二の過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる。

作品情報

『いちごの唄』
7月5日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

出演:古舘佑太郎、石橋静河 和久井映見 光石 研 / 清原果耶 小林喜日 大西利空 泉澤祐希 恒松祐里 しゅはまはるみ 渡辺道子 ポール・マグサリン 山﨑 光 蒔田彩珠 吉村界人 岸井ゆきの / 峯田和伸 宮本信子
監督:菅原伸太郎
脚本:岡田惠和
原作:岡田惠和・峯田和伸(朝日新聞出版)
幹事・企画・制作プロダクション:ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
©2019『いちごの唄』製作委員会

オフィシャルサイトichigonouta.com

『いちごの唄』原作