板垣瑞生ら10名が三浦貴大×成海璃子W主演映画『ゴーストマスター』に出演決定! 特報&ティザービジュアルも解禁

板垣瑞生ら10名が三浦貴大×成海璃子W主演映画『ゴーストマスター』に出演決定! 特報&ティザービジュアルも解禁

三浦貴大、成海璃子がダブル主演を務める、ヤング ポール監督作品『ゴーストマスター』の公開日が12月6日(金)に決定。併せて、ティザービジュアルと特報が解禁された。

青春、恋愛、スプラッター、サイバーパンク、アクション、SFと、あらゆるジャンルを凝縮しつつ、どのジャンルにもあてはまらない怒涛の展開で観客を巻き込んでいく本作。解禁された特報では、三浦演じる、ホラー映画マニアの助監督・黒沢 明が、名だたる映画監督の名前を連呼するシーンから始まる。とある “壁ドン”映画の撮影現場が本作の舞台。カメラを手にして撮影現場を駆け巡る〈助監督〉と、成海演じる〈女優〉の地味なメガネ女子から血しぶきを浴びながらカメラを振り上げる姿も。そして、悪霊が憑依した脚本は、異様な姿に変貌していく。

また、劇中の映画撮影チームの面々を演じるキャストに、板垣瑞生、永尾まりや、原嶋元久、寺中寿之、篠原信一、川瀬陽太、柴本 幸、森下能幸、手塚とおる、麿 赤兒ら個性派キャストが集結。特報映像ではまだ姿が収められていないものの、 “壁ドン”映画の撮影現場がカオスとなったときの彼らの演技に期待が高まる。

さらに本作が、本年度の「プチョン・ファンタスティック国際映画祭」「シッチェス・カタロニア国際映画祭」に正式出品されることも決定。ヤング ポール監督はデビュー作ながら、先日上映された「ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭」を含め、続々と国際映画祭への出品が決定している。

【STORY
とある “壁ドン”映画の撮影現場で、監督やスタッフからこき使われる、助監督・黒沢明。名前だけは“巨匠”で“一流”だが、断れない性格で要領の悪い、B級ホラーを愛するただの気弱な映画オタクだ。いつか自分が監督として撮ることを夢見て、書き温めていた脚本「ゴーストマスター」が心の支えで、常に肌身離さずに持ち歩いていた。しかし、あまりに過酷すぎる撮影現場でうっ積した黒沢の不満と怨念のような映画愛がこの“脚本”に悪霊を宿し、撮影現場を阿鼻叫喚の地獄へと変えていく…。

作品情報

映画『ゴーストマスター』
12月6日(金)新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

監督:ヤング ポール
脚本:楠野一郎(『東京喰種 トーキョーグール』『天空の蜂』)ヤング ポール
撮影:戸田義久(『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』『キャタピラー』)
特殊スタイリスト:百武朋(『ミュージアム』『東京喰種 トーキョーグール』)
出演:三浦貴大 成海璃子 板垣瑞生 永尾まりや 原嶋元久 寺中寿之 篠原信一 川瀬陽太 柴本 幸 森下能幸 手塚とおる 麿 赤兒
製作:『ゴーストマスター』製作委員会
配給:S・D・P
ⓒ2019『ゴーストマスター』製作委員会