金子大地、石川瑠華らよりコメント到着! 映画『猿楽町で会いましょう』クランクイン間近

金子大地、石川瑠華らよりコメント到着! 映画『猿楽町で会いましょう』クランクイン間近

第2回「未完成映画予告編大賞MI-CAN」にて圧倒的な票を集めグランプリを受賞し、製作が決定した映画『猿楽町で会いましょう』が、金子大地と石川瑠華を主演に迎えて、いよいよ6月17日(月)よりクランクインする。

「未完成映画予告編大賞MI-CAN」は堤 幸彦監督や大根 仁監督を擁し次々と話題作を産み出してきた映像制作会社オフィスクレッシェンドが主催している映像コンテスト。ある地域を舞台にした「3分以内の予告編映像」で審査を行い、次代を担うクリエイターの発掘・育成を目指したプロジェクトに、日本中から熱い注目を集めている。

監督を務めるのは、児山 隆。助監督として多数の作品参加し、その後広告を中心とした映像ディレクターとして活躍。本作にて初のメガホンを握る。

本作の主人公・小山田を演じるのは、ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』(NHK総合)や『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で注目を集める期待の若手俳優・金子大地。ダブル主演として小山田のもとに転がりこんでくるヒロイン・ユカを演じるのは『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督の話題の新作映画『イソップの思うツボ』の主演に抜擢された石川瑠華。新進気鋭のキャストたちが情感あふれる演技を見せている。

【監督・脚本:児山 隆コメント】
僕はわりと映画が好きでよく映画を観に行くんですが、そんな僕が「観たい!」という映画にどうやらなりそうです。素晴らしい(本当に)スタッフの皆さんに、最高な(とんでもなく)キャストが集まりました。この最高なメンバーと一緒に面白い映画をつくりに行ってきます。

【金子大地コメント】
『猿楽町で会いましょう』の予告編を観たとき、石川さん演じるユカに惹きこまれて、物語がますます気になりました。また、脚本を読んだときは、恋愛をしたような気分と、怒りと、何かもどかしい感情が生まれました。この作品に参加できることが凄く嬉しいです。3分間の予告から生まれたこの作品がどう大きくなっていくのか、その過程を小山田という役を通して見れることが僕自身とても楽しみです。

【石川瑠華コメント】
予告編『猿楽町で会いましょう』は、私の初めての映像の現場でした。当時たくさん支えてくださった監督、スタッフの方々と再会でき、こうして『猿楽町で会いましょう』を映画化できることが本当に嬉しいです。私の役は嘘ばかりつく女の子。そんな彼女と今作品を通して、真正面からぶつかりたいと思っています。力強いキャストの方々も加わり、撮影が楽しみです。最後まで児山監督を信じて頑張りたいと思います。

【「未完成映画予告編大賞MI-CAN」事務局リーダー株式会社オフィスクレッシェンド取締役副社長COO神 康幸コメント】
3分の「未完成予告編」から、とんでもない作品が産声を上げようとしている。脚本を読んでいると、ヒリヒリとイタイ。だけど、今のシブヤのリアルが、そこにある。金子さんと石川さん。願ってもないキャスト布陣の凄まじい演技バトルが体験できそうだ。そして、児山監督の映像マジックに酔いしれていただきたい。

【STORY】
駆け出しのフォトグラファー小山田(金子大地)は、撮影で読者モデルのユカ(石川瑠華)と出会う。コケティッシュでピュアなユカに惹かれ、彼女を被写体に次々と作品を撮り始める小山田。そして二人は付き合い始め、猿楽町で撮った作品はコンテストで受賞し周囲に認められ始める。しかし、元カレの存在を知った小山田は次第にユカの言動を疑いはじめ…。ハッピーなボーイ・ミーツ・ガールが一転、シニカルなクライマックスに向けて疾走する。

作品情報

『猿楽町で会いましょう』

出演:金子大地 石川瑠華
監督・脚本:児山 隆
脚本:渋谷 悠
音楽プロデューサー:鶴丸正太郎
製作:長坂信人
エグゼクティブプロデューサー:神 康幸
プロデューサー:利光佐和
共同プロデューサー:服部 洋
協力プロデューサー:井上 潔
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給:エレファントハウス
(C)2019オフィスクレッシェンド