ディズニー実写映画最高傑作! 映画『アラジン』が『美女と野獣』を超える大ヒットスタート

ディズニー実写映画最高傑作! 映画『アラジン』が『美女と野獣』を超える大ヒットスタート

6月7日に日本公開された、映画『アラジン』が、公開初日を含めた3日間で動員数約96万人、週末興行収入約14億円(13億9600万円)を記録し、週末興行成績ランキング初登場1位の大ヒットスタートを切った。

この数字は、最終興行収入124億円をたたき出し、記録的な大ヒットを記録した『美女と野獣』(17)のオープニング3日間の成績(動員:95万1,468人、興行収入:13億7,910万円)を超える爆発的なスタートであり、興行成績100億円が見越せる大きな成績だ。

SNSでは、「期待以上の出来で最高だった!」「ディズニー実写映画最高傑作」と、絶賛と興奮の声が止まらない。上映中は劇場内に笑いが起こり、笑顔で劇場を後にする観客が多いことからも、その満足度の高さがうかがえる。

客層はやや女性寄りながらも、劇場スタッフが「これだけ万遍の無い客層は珍しい」とコメントするほど幅広い層が来場。IMAXや4Dなどといった上映形式にも多くの観客が集まっている。元来アクション映画ファンなど男性客が多く集まるIMAX上映も、本作については実写ならではの映像の壮大さや美しさを求めて女性客も多く来場。さらに、本作の最大の魅力の一つでもある音楽を堪能するため、音響の良いドルビーアトモス上映へ足を運ぶ観客も多かった。

ウィル・スミスの歌とダンスはさながらミュージカル・ショーのように観客を楽しませ、ナオミ・スコットの歌唱は女性たちの共感を呼び、吹替版キャスト達の歌声へも称賛が相次いでいる。さらに、4D上映で魔法の絨毯のシーンを体感しようと来場するファミリーやカップルも多く、4Dが高稼働であることも特徴的だ。

最高にハッピーな歌とダンス、心温まるロマンスと、驚きのアドベンチャー。まさにエンターテイメントの全てを詰め込んだ究極のエンターテイメント『アラジン』は、どこまで数字を伸ばすのか? 大きな期待がかかる。

作品情報

『アラジン』
6月7日(金)全国公開

監督:ガイ・リッチー
脚本:ジョン・オーガスト、ガイ・リッチー
音楽:アラン・メンケン
出演:メナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミス
原題:Aladdin
全米公開:2019年5月24日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
https://www.disney.co.jp/movie/aladdin.html