【写真32枚】明るい変態は誰!? 窪田正孝、松田翔太、山本舞香らの“ド変態度”を発表! 映画『東京喰種【S】』プレミアイベント開催

【写真32枚】明るい変態は誰!? 窪田正孝、松田翔太、山本舞香らの“ド変態度”を発表! 映画『東京喰種【S】』プレミアイベント開催

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』のTOKYOプレミアが本日6月11日(火)に恵比寿ガーデンホールで行われ、主演の窪田正孝をはじめ、山本舞香、松田翔太、鈴木伸之、白石隼也、知英、マギー、栁 俊太郎の豪華共演者と、川崎拓也監督、平牧和彦監督が登壇した。

TOKYOプレミアの前に恵比寿ガーデンプレイス シャトー広場にて行われたスペシャルイベント。窪田、山本、松田、鈴木、白石、知英、マギー、栁が不安定な天気の中ファンの前に登場すると、「みなさま、雨の中お集りいただきありがとうございます! 」と窪田が代表して挨拶をして、マスコミ向けのフォトセッションが行われた。

本作の一般試写会は公開日まで、東京・大阪・パリのみの3回開催となる。まさしくプレミア試写会となった会場に集まったファンに対し、窪田は「今日初めてみなさまにお披露目されます。東京喰種の1を観ていただいた方どれくらいいらっしゃいますか?」と会場を見渡しながら、「あ、ほとんど観ていていただいてます! 1もとても大変な撮影だったんですけど、観ていただいたら分かるのですが、今回もものすごく迫力があります。新キャラクターとして(松田)翔太さん、(山本)舞香ちゃんなどに加わってもらって、新しい風を巻き起こしてくださったので、1を観ていない方も全然ここから楽しめる作品になっていると思います。翔太さんが大変なことになってます(笑)。ぜひ楽しんでご覧ください。」とコメント。それを聞いた松田は「最高にド変態な月山を上品に演じました(笑)」と答えた。

また、撮影中特に仲良かったという松田・窪田・山本。山本は「集合の連絡がきて、今でも結構定期的に集まってますよね。」と明かすと、窪田は「その節はお寿司ご馳走様でした!」とお辞儀。松田は「おいしかったですね。(映画が)さわやかな恋愛映画だったんで、そこで仲良くなっちゃって(笑)」と、まさかの発言! 窪田も「そうですね、これは恋愛映画です!」と同調し、会場の笑いを誘った。

ここで、松田演じる月山の“変態性”にちなみ、登壇キャストの変態度を勝手に診断し、ランキングで発表。パーセンテージは、占い心理テストクリエイター脇田尚揮(合同会社ミンストレール)による診断で割り出したもの。

まずは、変態度35%。スクリーンに鈴木信之の名前が表示されると、その理由を「変態の要素はあるものの気づかないタイプで穏やかで物静かな性格。実は変態性を秘めているが気性の激しさがないため、自分でも気づかないことも」とMCが解説。鈴木は「その通り! 今はまだね…ということですよね」とコメントし納得の結果だったようだ。

次に発表された松田、白石、知英、柳は変態度70%。「変であることを楽しめる明るい変態。松田さん、知英さんは好きな相手のためなら何でもしてしまうので、相手によっては変態街道まっしぐら。白石さんは言葉遊びが大好き。柳さんは、親しくなると、本気か冗談か分からない変態的なアクションをみせる」とMCが解説。「明るい変態って喜んでいいのかわからない」(松田)、「言葉遊びってやだな~」(白石)と少し腑に落ちない様子を見せると、「翔太さんはっちょっとわからない…」と山本も不満気。窪田も「むしろ100%じゃない?(笑)」とコメントすると、松田は「なんでよ。僕が月山を演じているからでしょ(笑)? それに引っ張られてるんだと思うよ(笑)。いいよ、もう僕は明るい変態だから!」と開きなおった。

最後に変態度90%として発表されたのは、窪田・山本・マギー。「真面目そうに見えて隠れド変態の可能性があり。完璧主義で正義感が強いため、何かを壊したいという破壊衝動を内に秘めているはず。しかし、よほど心を開いた相手にしか見せることがない」という理由に、3人とも「あってる!」と驚きの表情を見せた。

ここで、窪田から「主題歌が決まりました。女王蜂さんが歌います「Introduction」という曲になります!」と発表された。女王蜂は、TVアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』にて楽曲「HALF」でエンディングテーマを務めており、「東京喰種」に楽曲を提供するのはこれが2作品目。楽曲を使用した主題歌入り90秒予告が初公開されたあと、窪田は「スピード感があって、すごくポップなんですけどポップさの中に凶器さがあるというか。それが映像にすごくマッチしているので、最後の最後まで席を絶たないで、世界観に浸っていただきたいです。」と主題歌について語った。

最後に、「本当に恋愛映画だと思っていて、とにかくカネキ君を食べたいと! ほんっとに、一目惚れから愛に変わるまでを演じました」(松田)、「そんな翔太さんからの愛がたくさん詰まった東京喰種となっております。是非、楽しんで見て頂きたいと思います。今日はありがとうございました」(窪田)と作品をアピールして、イベントは幕を閉じた。

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』は7月19日(金)より全国公開。

【STORY】
不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない【喰種】と人間のハーフになってしまったカネキは、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、いまは喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せており、トーカらとともに生活をしている。そんな最中、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が「あんていく」を訪れる。月山を厄介者だと言い露骨に嫌な顔をするトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。だが、月山は人間と喰種のハーフであるカネキの特殊な「におい」に目をつけ、カネキを「喰種レストラン」へ招き入れる。カネキVS月山…それぞれの【正義】がぶつかり合い、人間と喰種の共存を賭けた闘いがいま始まる―。

作品情報

『東京喰種 トーキョーグール【S】』
7月19日(金)全国ロードショー

原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「ヤングジャンプコミックス」全14巻
監督:川崎拓也 平牧和彦
脚本:御笠ノ忠次
出演:窪田正孝 山本舞香 鈴木伸之 小笠原 海 白石隼也 木竜麻生 桜田ひより 村井國夫/知英 マギー 森七菜 ダンカン 栁 俊太郎 坂東巳之助 松田翔太
配給:松竹
©石田スイ/集英社   ©2019「東京喰種【S】」製作委員会

『東京喰種 トーキョーグール【S】』石田スイ描き下ろし第2弾ムビチケ
販売:6月11日(火) 24:00(6月12日0:00)~
※全国1万枚限定
価格:3,000円(税込・送料別)
購入サイトhttps://mvtk.jp/campaign/tokyoghoul

※オンラインのみ、1万枚の数量限定販売。
※オンライン購入の場合、送料は購入者負担。
※写真と実物は若干異なる場合あり。
※販売価格は変更になる場合あり。

オフィシャルサイト
http://tokyoghoul.jp/
オフィシャルtwitter
https://twitter.com/tkg_movie
オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/tkg_movie/