注目すべきはロバート・レッドフォードだけじゃない! 映画『さらば愛しきアウトロー』イケメン俳優ケイシー・アフレックの場面写真が解禁

注目すべきはロバート・レッドフォードだけじゃない! 映画『さらば愛しきアウトロー』イケメン俳優ケイシー・アフレックの場面写真が解禁

7月12日(金)より公開される、名優ロバート・レッドフォードの最新作にして俳優引退作となる映画『さらば愛しきアウトロー』の新たな場面写真が解禁となった。

本作は1980年代初頭のアメリカに実在した、発砲もしなければ暴力も振るわない、礼儀正しい紳士的な犯行で銀行強盗を行い、逮捕と脱獄を繰り返した老人を描くクライム&ラブ・ストーリー。紳士的な強盗犯フォレスト・タッカーをレッドフォードが演じており、インタビューでは「脚本を読んだ時に、あまりに面白く、まるで夕日に向かって消えていくガンマンのイメージだと思い、これなら最後の作品にふさわしいと思った」とコメントしている。

そんな本作には、銀行強盗を犯したフォレスト・タッカーの事件を上司からの命令で担当を任され、ひとりで彼を追うジョン・ハント刑事役のイケメン俳優、ケイシー・アフレックが登場。解禁された場面写真には、警察署のデスクで真剣な表情で電話をしている姿や、暗い室内で考えに耽っている様子、窓辺のブラインド越しに外を眺めている渋めでワイルドな雰囲気がたまらない1枚など、一匹狼の刑事ジョン・ハントのアウトローな姿がおさめられている。

ちょこんと机にうつ伏せながら、少し寂しそうな表情でローソクの火を見つめる可愛らしい姿のギャップには胸キュン必至。本作はロバート・レッドフォード演じる紳士的でアウトローな銀行強盗タッカーだけでなく、信念を持って彼を追うハント刑事の仕事に対するひたむきな姿に、男性だけでなく女性もグッとくるはずだ。

場面写真

【STORY】
80年代アメリカ。紳士的な犯行スタイルで、銀行強盗と16回の脱獄を繰り返した伝説の銀行強盗フォレスト・タッカー。事件を追うジョン・ハント刑事は、一度も人を傷つけず2年間で93件もの銀行強盗を成功させた彼の仕事ぶりに魅了され、仕事に疲れるだけの毎日から逮捕へ向けて再び情熱を取り戻す。フォレストが堅気でないと感じながらも、心奪われてしまった恋人もいた。そんな中、フォレストは仲間と共に金塊を狙った大仕事を計画するが――。

作品情報

『さらば愛しきアウトロー』
7月12日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開

監督:デヴィッド・ロウリー
出演:ロバート・レッドフォード/シシー・スペイセク/ケイシー・アフレック
原作:「THE OLD MAN AND THE GUN: And Other Tales of True Crime」デイヴィッド・グラン著
2018年/アメリカ/英語/93分/アメリカンビスタ/カラー/日本語字幕:齋藤敦子
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド

Photo by Eric Zachanowich. © 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved