「ガンダム」シリーズ初! 『機動戦士ガンダムNT』が中国大陸で劇場公開決定

「ガンダム」シリーズ初! 『機動戦士ガンダムNT』が中国大陸で劇場公開決定

2018年11月に日本で公開され、5月24日にBlu-ray&DVDが発売されたばかりの『機動戦士ガンダムNT』が7月12日(金)より中国にて劇場上映決定。本作は、中国大陸での「ガンダム」シリーズ初の劇場公開作品となる。

また、6月11日には中国・北京で『機動戦士ガンダムNT』上映決定発表会が開催。イベントにはリタ・ベルナル役の松浦愛弓に加え、吉沢俊一(監督)、福井晴敏氏(脚本)、小形尚弘(プロデューサー)が登壇。生アフレコの披露や各種コーナーを通じて、中国のファンとの交流を深めた。

【STORY】
U.C.0097――。
『ラプラスの箱』が、『ラプラス事変』と呼ばれた争乱の結果として世に示されて一年が経過した。だが、ニュータイプの存在とその権利に言及した『箱』=『宇宙世紀憲章』の存在が明かされても、世界の枠組みに大きな変化はなかった。
一方、『ラプラス事変』において、ネオ・ジオン残党軍『袖付き』は一時的に瓦解し、活動は停滞。また、争乱における主役となった“ユニコーンガンダム”と呼ばれる2機のモビルスーツは、人智の及ばぬ能力を発揮したことで危険視され、秘密裏に封印されていた。しかし、2年前に消息不明となり、歴史から抹消されていたRX-0 ユニコーンガンダム3号機が、地球圏に再びその姿を見せる。“フェネクス”と称されるその機体を巡り、再び動き出す人々。フェネクス争奪戦には、地球連邦軍や『袖付き』だけでなく、アナハイム・エレクトロニクス社とも関連の深い大企業、ルオ商会も介入する。
新たなモビルスーツ「ナラティブガンダム」を投入した彼らの真の目的とは……。

作品情報

『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』

【STAFF】
企画・制作:サンライズ/原作:矢立 肇、富野由悠季
監督:吉沢俊一
脚本:福井晴敏
メインキャラクター原案:高橋久美子
キャラクターデザイン:金 世俊
メカニカルデザイン:カトキハジメ、小松英司
色彩設計:すずきたかこ
CGディレクター:藤江智洋
モニターデザイン:佐山善則
美術監督:丸山由紀子、峯田佳実
特殊効果ディレクター:谷口久美子
撮影監督:脇 顯太朗
編集:今井大介
音響監督:木村絵理子
音楽:澤野弘之
アニメーション制作:サンライズ
配給:松竹

【CAST】
ヨナ・バシュタ:榎木淳弥
ミシェル・ルオ:村中 知
リタ・ベルナル:松浦愛弓
ゾルタン・アッカネン:梅原裕一郎
ミネバ・ラオ・ザビ:藤村 歩
ブリック・テクラート:古川 慎
マーサ・ビスト・カーバイン:塩田朋子
モナハン・バハロ:てらそままさき
イアゴ・ハーカナ:中井和哉
アバーエフ:山路和弘
フランソン:星野貴紀
アマージャ:佐藤せつじ
タマン:駒田 航
デラオ:荒井勇樹
パベル:島田岳洋
マウリ:玉野井直樹
ヨナ(8歳):中村文徳
ミシェル(8歳):横溝菜帆

©︎創通・サンライズ

『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』オフィシャルサイト
http://gundam-nt.net/