衝撃の結末! 大谷 vs 菊池 先輩・後輩のMLB初対決動画に海外ファンも熱狂

衝撃の結末!  大谷 vs 菊池 先輩・後輩のMLB初対決動画に海外ファンも熱狂

日米が注目した同窓対決は、誰もが驚く衝撃的な結末となった。今月8日、シアトル・マリナーズの菊池雄星と、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平がメジャーでの初対決を迎えた。

野球ファンならご存知の通り、2人は同じ花巻東高校の出身。いわば、直属の先輩・後輩の関係にあたるのだ。MLBでのキャリアは大谷の方が1年長いが、年齢は菊池が3つ上。菊池がメジャー入りした際は、大谷が直接挨拶に行くなど親交が深い様子も度々報道されている。Cut4公式SNSも、同じ高校の2人が対決する様子を投稿。8,000以上の「いいね!」がついていることからも、その注目度の高さがうかがえる。

そんな2人の注目の初対決は、初回に早速やってきた。菊池の変化球に手を出した大谷の打球は一・二塁間に転がると、快足を飛ばし内野安打に。菊池にとってみれば、打ち取った当たりではあったが大谷に軍配が上がった。2回の第二打席は、内角のカーブでファーストゴロに打ち取り菊池の勝利。そして、1勝1敗のイーブンで迎えた4回の第三打席。全米も熱狂するような、衝撃的な結末が待ち受けていたのだ。

この回先頭のラステラが初球をとらえ、右中間へ完璧なホームランを放つと、続くトラウトも菊池のストレートを完璧に打ち返し、レフトへ弾丸ライナーのホームラン。菊池は、注目の対決の前に、二者連続でホームランを許してしまったのだ。ド派手な2連発に球場が騒然とするなか迎えた、大谷の第三打席。菊池が投じた初球を、大谷は逆方向へジャストミート。大谷の代名詞ともなっている“ビッグフライ”は、ぐんぐんと伸びそのままレフトスタンドへ。なんと、先輩・後輩対決は大谷のホームラン、しかも3者連続ホームランのおまけ付きという衝撃的な形となったのだ。

View this post on Instagram

🔙2️⃣🔙2️⃣🔙

A post shared by MLB ⚾ (@mlb) on

この衝撃的な3者連続ホームランを、MLBの公式SNSが投稿すると16万「いいね!」を超える大反響。「これは衝撃的だった」「やっぱりショウヘイは特別な選手だ」と、コメント欄も大きく盛り上がった。

ちなみに、大谷が放ったホームランボールは、母校である花巻東高校に送られるのだそう。衝撃的な幕切れとなった同窓対決。MLBの舞台で活躍を続けるかぎり、今後何度もこのマッチアップが見られるだろう。岩手から世界に飛び立った2人のアツイ対決に、今後も期待していきたい。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO