稲葉 友も驚愕! 鄭 義信と森 達也の以外な接点とは? ”屠殺場”がテーマの舞台『エダニク』について語るWeb番組が配信

稲葉 友も驚愕! 鄭 義信と森 達也の以外な接点とは? ”屠殺場”がテーマの舞台『エダニク』について語るWeb番組が配信

622日(土)から浅草九劇にて上演される、舞台『エダニク』について特集したWeb番組『活弁シネマ倶楽部 番外編』がYouTubeにて配信スタート。主演の稲葉 友に加え、演出を務める鄭 義信、スペシャルゲストとして、ドキュメンタリー作家で監督の森 達也が出演している。

2009年に横山拓也が書き下ろした戯曲『エダニク』は、食肉加工センターで働く男たちの会話劇となっており、「第15回日本劇作家協会」新人戯曲賞を受賞。本作について、2004年に屠殺場について扱った著作『いのちの食べかた』を発表している森は「これを書いた横山さんは、屠場で働いていた方なんですか? リアルだなぁ。1つ1つの台詞がとても洗練されている。ちょっとユーモラスでもありますしね。台本を読みながら、これは絶対に生で観たいな、と感じました」と感心した様子で語った。

それぞれが別のジャンルで活躍している鄭と森だが、2人の意外な接点も明かされた。80年代後半、鄭が座付き作家を務めていた頃の『新宿梁山泊』の公演を、森は何度も観に行っていたという。「芝居の途中でワイヤーが切れて、役者が落ちてきた」、「50メートル上から鉄の矢が降ってくる」などの当時のエピソードに、稲葉は驚愕の表情。「先人たちがいなければ、僕たちには続いていないので…それを経て僕たちは、安全な装置で演劇ができているんですね」とコメントした。

また、舞台『エダニク』について、森は「(鄭)義信さんのお芝居は、大人数でエネルギーが強いタッチのイメージ。今回は3人芝居なので、凝縮したものをどう作り上げるのか。お手並み拝見ですね」と期待を込める。鄭は「屠殺場という世界があって、そこで働くひとたちがいて、その人たちにも生活があって…そんな当たり前のことを僕たちは忘れてしまう。この舞台を通じて、そこに実際にある”生”を感じて欲しいです」と想いを語り、稲葉は「どこを見て、何を感じて、何を持って帰るかは見ていただかないと始まらない。ぜひ、劇場に足を運んでほしい」とアピールした。

このほか、3名それぞれの映画の原体験について語られるなど、演劇ファンだけでなく映画ファンも必見の内容となっている。

Web番組『活弁シネマ倶楽部 番外編』はこちら

公演情報

舞台『エダニク』
公演期間:6月22日(土)~7月15日(月・祝)
会場:浅草九劇
作:横山拓也(iaku)
演出:鄭義信
出演:稲葉 友 、大鶴佐助、中山祐一朗(阿佐ヶ谷スパイダース)
企画・製作:浅草九劇 プラグマックス&エンタテインメント

チケット:4,500円(税込)

【あらすじ】
とある食肉加工センター。ある日、屠室で厳重に管理されているはずの、牛の延髄が紛失。
ここ別屠室の、屠殺用ナイフ研磨室も人の出入りや情報の行き来が慌しくなってきた。この事件をきっかけに、初対面である取引先新入社員と加工センターの職人二人は、屠畜という作業への言及や、企業間の駆け引き、立場の保守など、各々のアイデンティティに関わる問題をぶつけ合い議論を白熱させる。立ちこめる熱気と臭気。「生」がたちまち「死」に、「生体」が次々と「物体」と化していくこの労働の現場で、男たちの日常は我々に何を問いかけるのか。

活弁シネマ倶楽部YouTube番組URL
https://www.youtube.com/channel/UCyItJT2FIK8S7oLe5EPAofg