主演・香取慎吾「ど~しても来たくて!」サプライズ登場! 映画『凪待ち』ロケ地塩釜市場で完成報告試写会

主演・香取慎吾「ど~しても来たくて!」サプライズ登場! 映画『凪待ち』ロケ地塩釜市場で完成報告試写会

映画『凪待ち』完成報告試写会が6月13日(木)に、宮城県塩竈市にある塩釜水産物仲卸市場にて行われ、主演の香取慎吾と白石和彌監督が登壇した。

本作は、人生どん底まで墜ちきった男のバイオレンスと狂気、怒りと裏切り、不条理と悲劇、そして映画史上最も切ない暴力を描いた衝撃のヒューマンサスペンス。

本試写会では白石監督が、ロケスタート地点となった本市場に凱旋し、撮影当時の思い出などを語った。そこに、元々予定には無かった香取がサプライズ登場。思わぬゲストの登場に、会場は大盛り上がりとなった。香取は本作の魅力と撮影当時の思い出を語り、会場を笑いに包んだ。

また、作品の大ヒットを祈願して、市場関係者が鯛やマグロなど、塩釜漁港で捕られた魚の盛り合わせを二人にプレゼント。沢山の魚を目の前に「うわ~!」と大喜びの香取と白石監督。最後は、大きな大漁旗の前で写真撮影を実施し、イベントは幕を閉じた。

映画『凪待ち』は6月28日(金)に全国公開。

【香取慎吾 コメント】
いよいよ『凪待ち』が完成をしまして、1年前にお世話になった、この場所にまた来る事が出来ました。とても良い映画になったと思いますので、いち早くこの映画をみなさんに観て頂けることを嬉しく思います。

(サプライズ登場について)ど~しても来たくて! 仕事のスケジュールで決まっていたのではなくて、どうしても僕が来たかったんです! 

(ロケのスタートがこの市場だったことを振られると)なんか、そんな感じがしないんですよね。この市場が、“木野本郁男”という僕の役を作ってくれた最初の場所なんで、みなさんのおかげで、この役が完成したのかな、と思っています。この役を演じるのに、ぴったりな雰囲気でした。昼間から酔っ払ったお兄さんに絡まれて、「おい、何撮ってんだこのやろ~!」と言われ、まわりのスタッフが助けてくれるかな~と思っていたら、意外とみんな目を背けて助けてくれなかった。そんな経験もありましたね(笑)。

震災から大分時間が経っていて、僕が東京で過ごしていると、年々ニュースでも見る機会が減ってきている。震災直後にも僕は何度か被災地を訪れていて、僕が始めて訪れた時の事を思い出すと、復興している部分もあるなぁと感じますね。撮影の期間もいろんな方に結構会って、町の方にお話を伺うと、写真を見せながら震災当時の事を話してくれる方もいれば、目を背けるおばあちゃんもいたり。それぞれの心の中に、そのときのことが、それぞれの形で刻まれているのだな、と感じさせられる時間でしたね。

やっとこの映画を見て頂く時が来ました。自分としては、人生の新しい道を歩み始めて約1年半、そんな中で、初めての(単独)主演映画として、力んだり、プレッシャーを感じることもあったんですが、いま、そういう思いは全く無いです。そして、素晴らしい白石監督の最新作です。一人でも多くの方に見て頂けたらと思います。

【白石和彌監督 コメント】
ちょうど一年前にお世話になりました。(撮影の時には無かった)スクリーンがこうやって立っていて、逆に新鮮な感じです。

(お酒のケースが舞台になっていることに)手作り感、素晴らしいですね(笑)。『凪待ち』という作品は、ここでスタートしたので、沢山の方に、この場で試写会が出来ることが凄く嬉しいです。僕の映画は、血なまぐさくて、バイオレンスな描写が多いんですけど、この映画は過去一番、“優しい映画”になったかな、と思います。

(香取のサプライズ登場について)香取さんが、なんで僕に声をかけてくれないんだ、という所から始まったんです。この市場が撮影の初日で、スタートから馴染ませて頂いたって感じでしたよね。本当に元気な市場でした。

脚本を書く前にも、現地の方に震災のことを聞いたことがあったんですが、撮影中もいろいろな方にお話を伺うようにしていました。よく“復興の半ば”という言葉を聞きますけど、復興には終わりが無いんだなと、感じたり、いろんなことを教わりました。オリンピックとか、国を上げての企画もあるかもしれないけど、復興はまだまだ終わっていなくて、その中に生きている人たちがいる、ということを(映画という形で)残して行かないとな、と思います。

香取さんと初めてお仕事をするということで、決して暴力だけの映画ではなく、優しさの残る映画にしました。もちろん、東日本大震災もそうですし、世界中で悲しいニュースを見ることが多いと思うんですけど、すべての人に“凪”が訪れるように、という思いで作りました。

【STORY】
毎日をふらふらと無為に過ごしていた郁男は、恋人の亜弓とその娘・美波と共に彼女の故郷、石巻で再出発しようとする。少しずつ平穏を取り戻しつつあるかのように見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう―。ある夜、亜弓から激しく罵られた郁男は、亜弓を車から下ろしてしまう。そのあと、亜弓は何者かに殺害された。恋人を殺された挙句、同僚からも疑われる郁男。次々と襲い掛かる絶望的な状況を変えるために、郁男はギャンブルに手をだしてしまう。

作品情報

『凪待ち』
6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

主演:香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤 健、音尾琢真、リリー・フランキー
監督:白石和彌
脚本:加藤正人
製作:キノシタ・マネージメント
配給:キノフィルムズ
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS

オフィシャルサイト
http://nagimachi.com/