三戸なつめ、柳 美稀が登壇。『映画 賭ケグルイ』の応援上映舞台挨拶レポート

三戸なつめ、柳 美稀が登壇。『映画 賭ケグルイ』の応援上映舞台挨拶レポート

6月15日、『映画 賭ケグルイ』の応援上映舞台挨拶が吉祥寺オデヲンで開催された。浜辺美波演じる蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)らと敵対する生徒会メンバーとして、ドラマseason1から作品に参加する黄泉月るな(よもつきるな)役の三戸なつめ、生志摩妄(いきしまみだり)役の柳 美稀が応援ゲストとして登壇した。今だから話せる撮影秘話などエピソードトークを披露した。



副音声上映に続き、多くのファンの方からの熱い要望を受け、実現した初の応援上映を迎えた本作。応援ゲストと登壇した三戸と柳自身も応援上映の存在は知っていたものの、こうして応援上映の現場に足を運んだのは初めてだという。三戸は「応援上映がどんなものか気になる!」と言えば、柳は「応援してもらうのはうれしいですね。ただ、応援してもらっても演者から応答はできないですけど」と笑いを誘った。

さらに、MCからそれぞれ応援したいキャラクターが聞かれると、三戸は中村ゆりか演じる、生徒会書記の五十嵐清華(いがらしさやか)を挙げた。「誰も話を聞いてくれない清華を応援してあげたい!」と言うとタンバリンを鳴らしながら会場が笑いに包まれる場面も。続いて、柳にも同様の質問がされると、少し溜めながら、「やっぱり私!」に思わず、三戸もビックリの反応。「私が出てる場面でシーンとしていたら嫌ですもん。だから、私をみなさん応援してくださいね!」と言うと会場から大声援が。

ドラマseason1、season2、そして本作、『映画 賭ケグルイ』と撮影に参加していた三戸と柳。家族や友人からも多くの反響があったそうで、柳は原作好きの友人から「すごいね、よく妄のキャラクターができるね! でも、あんまり普段の美稀と変わらないよね」と言われたことに対し、「もっとお淑やかだよ!」といったやり取りがあったことを明かすと会場からこの日一番の笑いが。



さらに、「賭ケグルイ」の撮影を振り返る場面で三戸は、「私はボブヘアがトレードマークで、(黄泉月るなみたいな)明るいトーンの入ったロングの髪型をしたことがなかった。頭皮を痛めつけて頑張った」と笑いを誘いながら、自身の演じた役柄に愛着を見せていた。一方で、ドラマseason2、映画版は昨年の夏に40℃を超す暑さの中で撮影が行われたこともあり、撮影の合間にかき氷が配られていたとそうで、三戸から「食べた?」と聞かれた柳は「えー、それ私知らない!!」と悔しがる場面も。ただ、映画オリジナルキャストで歩火樹絵里(あるきびじゅえり)役の福原遥と、2年連続で一緒の現場で誕生日を祝ってもらったことを嬉しそうに語られる場面も。

イベントの最後に三戸は「やっぱり大画面で浜辺さんを始めとした、かわいい女優さんたちのぶっ飛んだ顔を観ることができる。忠実にキャストのみなさんが再現されて感動した。いいの、その顔? って(笑)」とドラマから映画へと昇華した本作の見どころを語りイベントは幕を閉じた。

そして、応援上映がスタートすると、冒頭から会場のボルテージは最高潮に。タンバリンが鳴り、サイリウムの光が煌々と輝く中、同じのキャラクターが登場すると歓声が飛び、特に主人公の蛇喰夢子が活躍するシーンでは、夢子コールがまき起こり、大盛り上がりの応援上映となった。なお、6月29日(土)も同劇場で応援ゲストを招いての応援上映イベントの実施も決定した。 

作品情報

『映画 賭ケグルイ』
大ヒット公開中

出演:浜辺美波 高杉真宙 森川 葵 宮沢氷魚 福原 遥 伊藤万理華 松田るか 岡本夏美 柳 美稀 松村沙友理(乃木坂46) 小野寺晃良 池田エライザ 中村ゆりか 三戸なつめ 矢本悠馬
監督:英 勉 
脚本:高野水登 英 勉
原作:河本ほむら・尚村 透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
配給:ギャガ
©2019 河本ほむら・尚村 透/SQUARE ENIX・ 「映画 賭ケグルイ」製作委員会

オフィシャルサイトkakegurui.jp

『賭ケグルイ』原作