「妬み嫉みのおかげで本当にいろいろな素晴らしい思いをさせていただいております」山里亮太『天才はあきらめた』が5日間で5万部の大重版で18万部突破!

「妬み嫉みのおかげで本当にいろいろな素晴らしい思いをさせていただいております」山里亮太『天才はあきらめた』が5日間で5万部の大重版で18万部突破!

南海キャンディーズ・山里亮太の著書『天才はあきらめた』(朝日文庫)が、結婚会見後注文が殺到し、会見翌日の6月6日に8刷3万部、6月10日に9刷2万部と、わずか5日間で立て続けに重版が決定。累計18万部を突破した。また、重版分は「祝・ご結婚」特別帯で出荷される。

『天才はあきらめた』は、山里亮太が格好悪いこと、情けないことも全て書いた、芸人の魂の記録だ。

本書には、 相方であるしずちゃんに対して、映画『フラガール』出演オファーもみ消し未遂事件など秘話なども掲載されていることから、6月5日の女優・蒼井優との入籍記者会見直後から、注文が殺到。Amazonの和書総合ランキング1位を独走するなど売れ続けている。

山里亮太 喜びのコメント
皆様、 『天才はあきらめた』にさらなる重版が決定いたしました!!
本当にありがとうございます!!
妬み嫉みを燃料にしてきた山里が、 その妬み嫉みのおかげで本当にいろいろな素晴らしい思いをさせていただいております。
この本はその証拠になってくれています。
そして、 そんな本を皆様がまだまだ求めてくださる、 こんな嬉しいことはありません。
どうか、 末永くよろしくお願いいたします。

書籍情報

天才はあきらめた
定価 :670円
著者:山里亮太
発行:朝日新聞出版

【INTRODUCTION】
「自分は天才にはなれない」。 そう悟った日から、 地獄のような努力がはじまった。
嫉妬の化け物・南海キャンディーズ山里は、 どんなに悔しいことがあっても、 それをガソリンにして今日も爆走する。 コンビ不仲という暗黒時代を乗り越え再挑戦したM-1グランプリ。 そして単独ライブ。
その舞台でようやく見つけた景色とは――。
2006年に発売された『天才になりたい』を本人が全ページにわたり徹底的に大改稿、 新しいエピソードを加筆して、 まさかの文庫化!  格好悪いこと、 情けないことも全て書いた、 芸人の魂の記録。

解説:ぼくが一番潰したい男のこと 若林正恭(オードリー)

山里亮太 Twitter
https://twitter.com/yama414