R18映画『アンダー・ユア・ベッド』孤独に蝕まれた男を演じる高良健吾の徹底した役作りが伝わるメイキング映像&場面写真が解禁!

R18映画『アンダー・ユア・ベッド』孤独に蝕まれた男を演じる高良健吾の徹底した役作りが伝わるメイキング映像&場面写真が解禁!

7月19日(金)に公開される、映画『アンダー・ユア・ベッド』のメイキング映像と場面写真が解禁。併せて、廣木隆一監督と黒澤 清監督より応援コメントが到着した。

本作は、誰からも必要とされず存在を無視され忘れられてきた男が、学生時代に初めて名前を呼んでくれた女性との11年ぶりの再会を夢見て、追い始めるところから始まる。愛する彼女への一途で純粋な思いと、異常で孤独な男の切なさと繊細さを持ち合わせた役柄を、今年も出演映画が続々公開を迎える高良健吾が演じる話題の問題作だ。

今回解禁された映像は、緊迫した撮影現場で役者たちがいかに集中し撮影に没頭していたかが伝わるメイキングとなっている。「よーい!」とカメラが回り始めた瞬間、無表情だった高良の顔は一変して笑顔に。大学生時代の三井(高良)が人生で初めて名前を呼んでくれた千尋(西川可奈子)とのある約束を果たすため、満足感と幸福感に溢れた表情で彼女の自宅に向かうワンシーンから映像は始まる。続いて、自室にて11年前に千尋をコーヒーに誘った時と同じ柄の可憐なワンピースを着せ、長い髪のウィッグを被せた無機質なマネキンに向かって、当時の千尋と同じ香水を“シュッ!シュッ!”と吹きかける音だけが響く息が詰まるシーンや、孤独と絶望を溜め込んだ三井が、一筋の光にすがろうとするも眉を顰め唾を飲む非常に辛く重たい一幕などが映し出されている。

そして一足早く本作を観た、高良、安里監督と所縁の深い廣木隆一監督、黒沢 清監督から本作への応援コメントが届いた。こちらのコメントとともに、11年前の2人の“本当の真実”や、三井が決断した物語の行末をぜひスクリーンで堪能してほしい。

【廣木隆一監督】
他人の人生を覗く時、それは相手の人生に深く関わること。ベッドの下の健吾の眼差しは一つの答えを見つけ出す。時には戸惑い、悲しさに満ちている。

【黒沢 清監督】
とにかく、高良健吾の変質者ぶりと西川可奈子の薄幸ぶりが凄まじい。こんな二人が出会って、いいことなどあるはずがないと暗澹たる思いでいたら、いつの間にか何としても幸せになってくれと祈っていた。実に巧妙にできた極限のラブストーリーであった。

 

【STORY】
30年存在しなかった男の孤独に蝕まれた愛は狂気となった―
「もう一度、名前を呼ばれたい」
雨の日の無人のエレベーター。誰かの香水の香りが残っている。俺は思い出す。この香り…11年前、たった一度、名前を呼んでくれた佐々木千尋のことを。誰からも名前すら憶えられたことのないこの俺を「三井くん」と呼んでくれた時のこと。俺は人生で唯一幸せだったあの感覚にもう一度触れたいと思い、彼女を探し出すことにした。家庭を持った彼女の家の近所に引っ越し鑑賞魚店を開店し、自宅に侵入、監視、盗撮、盗聴、彼女の近くで全てを覗き見ていたいと思った。だが、俺の目に映ったのは、全くの別人に変わり果てた姿だったのだが・・・。

作品情報

『アンダー・ユア・ベッド』
7月19日(金)テアトル新宿ほか全国順次ロードショー


出演:高良健吾 西川可奈子 安部賢一 三河悠冴 三宅亮輔
原作:大石 圭「アンダー・ユア・ベッド」(角川ホラー文庫刊)
監督・脚本/安里麻里
製作:ハピネット KADOKAWA
制作プロダクション:ザフール
配給:KADOKAWA
©2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会
R18+

オフィシャルサイト
http://underyourbed.jp 

『アンダー・ユア・ベッド』原作