役所広司、上海国際映画祭に初登壇。「これほどスケールの大きい作品は日本では体験できない」

役所広司、上海国際映画祭に初登壇。「これほどスケールの大きい作品は日本では体験できない」

6月15日より開催中の「第22回上海国際映画祭」に、映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』で主演を務めた役所広司をはじめ、チャン・ジンチュー、リン・ボーホン、テレンス・チャンプロデューサー、ユー・フェイ監督が登壇した。

本映画祭に初の参加となった役所は、「上海国際映画祭は、“待つ映画祭”だと聞いていましたが、今年はスムーズだったようです(笑)」と語り、続けて「僕たちの映画タイトルを始めて知っていただく機会ですから、みんなで励まし合いながら頑張りました」とコメントした。

また、翌16日に記者会見が行われ、役所は流暢な中国語で、「役所広司です。今回、姜を演じました」と挨拶。本作のオファーを受けた時の心境について、「脚本にテレンス・チャンというビッグネームがあったことに驚きました」と明かし、「これほどスケールの大きい作品は日本では体験できないと感じました。ぜひ、チャレンジしたいという気持ちで臨みました」と脚本を読んだ当時の想いを振り返った。

続いて、標高8,848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に繰り広げられる、濃密なドラマについて役所は、「劇中、私が率いるヒマラヤ救助隊“Wings”は、72時間という厳しい制限時間の中で、あるミッションを達成しなければいけない。標高8,848Mのエベレストは、登るだけでもたった72時間では厳しいのですが、劇中、我々のチームは、大自然の厳しさに耐えながら実際に登っていくんです」と、本作の見どころを力説。一方で、「私は隊長役ですが、わがままな隊員たちばかりで大変苦労しました。72時間苦労しっぱなしの映画です(笑)」と役としての苦労を明かす場面も。

そんな役所について、「役所さんと組むのは、夢のコラボでした」と笑顔を見せた共演のチャン・ジンチュー。同じく共演のリン・ボーホンは、「私の役はヘリコプターパイロットだったので、危ない場所での撮影などはありませんでした。なので、危険な場所で撮影をした役所さん、チャン・ジンチューさんは本当に尊敬します!」と役所らを絶賛した。

最後に、役所が「アジアの中で、映画を通して力を合わせて作品づくりをするというのはそうたくさん機会はないと思うので、本当にいい機会をいただいたかなと思います」と撮影期間を振り返り、日中合作ならではの本作の見どころをアピールし、会見を締めくくった。

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、11月全国公開だ。

【STORY】
ヒマラヤ周辺国家は地域の平和のため地域会議を開催し、『ヒマラヤ公約』を締結することに。会議開催前、機密文書の乗った一基の飛行機がエベレスト南部に墜落。その文書はヒマラヤ地区の得難い平和的局面を脅かす可能性のあるものだった。インド軍側が緊急で派遣した特別捜査官だと自称する二人の男、ヴィクターとマーカスは、ヒマラヤ救助隊“Wings”を探し出し、エベレストに登って機密文書を取り戻す手伝いを依頼する。その依頼に懸念を覚えるWings隊長・姜(役所広司)だったが、隊は深刻な財政難に陥っていたため、再三迷った後、エベレストガイドの任務を引き受ける。しかし、過酷な雪山の頂・デスゾーンで待ち受けているものが何かを知る者はいなかった―。
かつてエベレストで遭難した恋人の遺体を探し出すためにWingsに入ったシャオタイズー(チャン・ジンチュー)の無謀ともいえる行動に亡くした娘を見るような思いに駆られつつ、隊長の姜はヘリパイロットのハン(リン・ボーホン)らとともに世界最高峰を登り始める。様々な思いと世界規模の陰謀がからまり、物語は思わぬ方向へ―

作品情報

『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』
11月全国公開

出演:役所広司 チャン・ジンチュー リン・ボーホン ビクター・ウェブスター ノア・ダンビー グラハム・シールズ ババック・ハーキー プブツニン
監督・脚本:ユー・フェイ プロデューサー:テレンス・チャン 
撮影監督:リ・ヨウキ
美術監督:パク・イルヒョン チー・セバク 
音楽:川井憲次 
編集:デビッド・リチャードソン ジョーダン・ディーセルバーグ ゾア・ジュイン
視覚効果スーパーバイザー:ユー・ジャン ジ・レイレイ
視覚効果コーディネーター:ジョウ・イェンチュン
提供:バップ
配給:アスミック・エース
©Mirage Ltd. 

オフィシャルサイト
http://over-everest.asmik-ace.co.jp/