三吉彩花、上海国際映画祭に登壇! 映画『ダンスウィズミー』でレッドカーペットデビュー

三吉彩花、上海国際映画祭に登壇! 映画『ダンスウィズミー』でレッドカーペットデビュー

6月15日より開催中の「第22回上海国際映画祭」に、映画『ダンスウィズミー』で主演を務めた三吉彩花と矢口史靖監督が登壇し、舞台挨拶&質疑応答を行った。

割れんばかりの拍手のなか登場した三吉は、少し緊張した様子で「ニーハオ、三吉彩花です。上海国際映画祭に来られて、非常に嬉しいです! たくさんの方にこの作品が受け入れられて、こんなに素敵な場所に自分が立っていることが信じられません」と中国語の自己紹介を交えつつ挨拶。

矢口監督も笑顔で「監督の矢口史靖です。さっきまで普通に喋っていたのに、ミュージカルのように突然歌いだしたり踊りだしたりする人がいたら、びっくりしますよね。この映画は、実際にそんなカラダになってしまった人が主人公です。原因解明のために、奔走する姿をハッピーなミュージカルで描きました」と中国語で語った。

続けて「ずっと自分の中で気になっていた、突然歌ったり踊ったりする、ミュージカルの違和感について、ミュージカルのルールというものを壊して、真っ向勝負を挑んだ作品です。これまでに見たことのない全く新しいミュージカルのスタイルを提案できたと思っています。上海国際映画祭という世界的な映画祭で上映できることは嬉しい限りです」と恐縮しつつも、本作への自信を見せた。

その後の質疑応答で、三吉は「歌もダンスも好きでしたけど、まさか自分がヒロインに選ばれるとは思ってもいませんでした。日本発のミュージカル映画ということで、プレッシャーにも押しつぶされそうになり、撮影中もずっと逃げたかった。でもこうやって今日、みなさんから温かい拍手を頂けて、頑張ってきてよかったと思います」と作品にかけた熱い想いをコメント。

矢口監督は「歌とダンスがとても大事な映画だったので、オーディションの現場はカラオケでした。おそらく三吉さんは緊張していたため、ずっと仏頂面でした。その顔を見て怒っているのかな? と不安になりました。でもオーディションの時に、歌とダンスが始まると別人のように、華やかな印象になり、その姿を見て、ミュージカルはニガテだけど、歌とダンスが始まると花が咲いたように煌びやかになる求めていたヒロインのキャラクターにぴったりだと思い選びました。三吉さんにして本当に良かった。彼女でなければ、この映画は成立しなかったし、静香もこんなに魅力的なキャラクターにならなかったと思います」とヒロインを三吉に選んだ理由を明かした。

ここで、6月18日(火)で23歳になる三吉に、会場からサプライズでバースデーソングのプレゼントが。全く予期せぬ出来事に驚きつつも、「ありがとうございます!」とこの日一番の笑顔を見せた。その様子を見た矢口監督から「音楽がかかったら映画の中だったら、踊り出さないと!」と振られると、三吉はすかさず、すらりと伸びた手足を広げ、ステージ上でくるりとまわって見せるなど、ミュージカル女優ならではの対応力を見せ、観客を沸かせた。

なお、同日夜には同映画祭のレッドカーペットも開催。初のレッドカーペットデビューとなった三吉は、台湾初のラグジュアリーブランドshiatzy chenの白いエアリーなドレスで登場した。レッドカーペットデビューについて三吉は、「世界的な映画祭のレッドカーペットを歩くことができ大変うれしく思うと同時に、キラキラした空気感に負けないようオーラ全開で歩きました。全力で挑んだ『ダンスウィズミー』で矢口監督と一緒に歩けた、ということに感激です。夢のようなひとときでした」と嬉しさを爆発させた。

映画『ダンスウィズミー』は、8月16日(金)全国ロードショーだ。

【STORY】
子供の頃からミュージカルが苦手な静香は、ある日突然、音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまった! スマホ音や街中に溢れる音楽に反応して所かまわず歌い踊るせいで、彼女の日常はハチャメチャに。調査員の渡辺に依頼し、原因を探すため日本中を奔走するが…。そこには、裏がありそうなクセものたちとの出会いと予測不能の展開が待っていた!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!?

作品情報

『ダンスウィズミー』 
8月16日(金)全国ロードショー
出演:三吉彩花 やしろ 優 chay 三浦貴大 ムロツヨシ 宝田 明
原作・監督・脚本:矢口史靖 
製作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会

オフィシャルサイトdancewithme.jp