井上真央、石井裕也監督が登壇! ドラマ『乱反射』が上海国際映画祭で異例の映画版上映

井上真央、石井裕也監督が登壇! ドラマ『乱反射』が上海国際映画祭で異例の映画版上映

2018年に放送された、妻夫木 聡・井上真央ダブル主演ドラマ『乱反射』が、異例の映画版として、6月15日より開催中の「第22回上海国際映画祭」にてプレミア上映。オープニングセレモニーのレッドカーペットに井上真央と石井監督が登壇した。

本作は、「第63回日本推理作家協会賞」を受賞した貫井徳郎の原作を、石井裕也監督が映像化した意欲作。2018年9月22日にテレビ朝日系列全国ネットで放映され、好評を博した。

最新作『町田くんの世界』が絶賛公開中の石井監督と井上がともに登壇すると、映画祭のギャラリーから喝采が。井上は「大家好(ダージャーハオ)。この作品は、たった1日、日本のテレビで放映されただけでしたが、こうして素晴らしい式典で多くの方に 観て頂けて嬉しいです」と語った。

また、本作で妻夫木と初共演だったことについて司会者に聞かれると、「撮影が始まる前に、妻夫木さんと子供と一緒に、ピクニックなどして3人だけの時間を過ごしました」と明かした。

なお、本作は香港でも今秋の現地公開が決定。そのほかにも海外からのオファーが続いており、この反響を受けて日本国内の興行も積極的に動き出す予定だ。

【STORY】
誰も、殺したことに気づいていなかった…。
幸せな家庭を育む加山聡(妻夫木聡)とその妻・光恵(井上真央)。ある日、公園の木が倒れたことによる事故で最愛の息子・翔太を亡くす。被害者であり、新聞記者でもある彼は、息子の死の真相を突き止めようとする。社会の歯車に乗って、誰も謝罪をせず、誰もが人のせいにし、自分の責任を認めない人たちの中で、幼い息子を失った悲しみと怒りの矛先を、自分自身に向けていくことを余儀なくされていくのだった…。

作品情報

映画『乱反射』
原作:貫井徳郎『乱反射』(朝日新聞出版/朝日文庫)
監督:石井裕也
出演:妻夫木 聡、井上真央、萩原聖人、三浦貴大、鶴見辰吾 ほか

オフィシャルサイト
https://www.nagoyatv.com/ranhansya/