パタリロ殿下(加藤 諒)、タマネギ9号(金井成大)が原宿竹下通りに登場! 『パタリロ!』練り歩きイベントに通行人騒然

パタリロ殿下(加藤 諒)、タマネギ9号(金井成大)が原宿竹下通りに登場! 『パタリロ!』練り歩きイベントに通行人騒然

6月18日(火)に行われた劇場版『パタリロ!』“原宿竹下通り”練り歩きイベントに、加藤 諒と金井成大が登場。平日にも関わらず多くの人が行き交う原宿竹下通りを、パタリロ殿下に扮した加藤とタマネギ9号に扮した金井が練り歩いた。

加藤と金井の突然の登場に、ざわざわし始める通行人。金髪に個性的な体型、左胸に勲章を2つも着けたベージュ色の軍服を着用した殿下(加藤)、タマネギ頭の帽子を被り眼鏡をかけたタマネギ9号(金井)の派手なメイクと唯一無二の容姿に、思わず二度見する人たちも。一目見ようと多くの人々が携帯を取り出し詰めかける中、歓声を浴びる加藤と金井。通行人から写真撮影をねだられると、笑顔で撮影に応じた。

また、片手にタピオカドリンクを持つ学生には、「あ! いいなぁ~タピタピしてね~!」と若者言葉を駆使し笑いを誘うなど、神対応をする加藤。子供の頃から『パタリロ!』を愛してきた親世代は「パタリロだ!」と感激のあまりびっくりしすぎて放心状態に。

加藤と金井は、その後も原宿竹下通りを練り歩き、声援に応えながら本作とタイアップしているキャンディショップ「Candy・A・Go・Go」に来店。店舗の外にはパタリロの特大写真と誰でもタマネギ部隊 になれる顔はめ”パネル”ならぬ、顔はめ”ガラス”が展示されている。さらに、劇中にも登場する“フェロモンキャンディ”は、実際に店舗でも購入可能。来店客に対して、加藤は「いらっしゃいませ~」「糖分とってますか~?」とアドリブで接客する場面も見られた。

“フェロモンキャンディ”について聞かれた金井は、「本来、このフェロモンキャンディは僕のアドリブから生まれた商品なので、ここまで大きく取り上げてもらってビックリしてるんですよ」と驚きを隠せない様子。加藤は、「見た目に反して味はピーチ味とギャップを感じるので、まさに『パタリロ!』にピッタリです」と商品をPRした。

最後に、今回の原宿竹下通りの練り歩きについて加藤は「すごく楽しかったです! 最近なかなか竹下通りを歩くってことができなかったので、久しぶりに堂々と歩かせてもらってとっても気持ちよかったです。『Candy・A・Go・Go』はカラフルで可愛いですよね! プライベートでも行ったことがあって、またこうやって来れてよかったと思いました!」とコメント。

映画の中のキャラクターが飛び出してきたような装いの加藤と金井は、ひと味もふた味も違う原宿竹下通りの練り歩きに、大満足の様子であった。

 

 

【STORY】
常春の国マリネラ王国の皇太子パタリロ・ド・マリネール 8 世が、側近のタマネギ部隊を引き連れて大英帝国にやってくる。パタリロの前に現れたのは、ボディガードを任命されたバンコランと、謎の美少年記者マライヒ。権力争いで命を狙われているパタリロを中心に、美少年たちの耽美な世界が繰り広げられる。やがて舞台はマリネラ王国、銀河系宇宙、埼玉県春日部、バンコランの過去にタイムスリップなど、時空を超えて縦横無尽に駆けめぐるのだが……。

作品情報

劇場版『パタリロ!』
6月28日(金) TOHOシネマズ 新宿ほか全国順次ロードショー!

原作:魔夜峰央「パタリロ!」(白泉社刊)
監督:小林顕作
監督補:小泉宗仁
脚本:池田テツヒロ
音楽:小林顕作
撮影:伊集守忠
照明:酒井隆英
舞台照明:坂本明浩
衣装デザイン:朝月真次郎
美術:片平圭衣子
ヘアメイク:堀川貴世
振付:足立夏海 平原慎太郎

出演:加藤 諒/青木玄徳 佐奈宏紀/細貝 圭 金井成大 石田 隼 吉本恒生 三津谷亮 小林亮太/松村雄基 近江谷太朗 木下ほうか 池田鉄洋/須賀健太 鈴木砂羽/魔夜峰央/西岡德馬/哀川 翔 ほか

配給:HIGH BROW CINEMA
©魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会 2019

オフィシャルサイト
https://patalliro-themovie.jp/


『パタリロ!』原作コミック