映画『トイ・ストーリー4』日本版主題歌にダイアモンド☆ユカイが続投! 名曲「君はともだち」のMV解禁

映画『トイ・ストーリー4』日本版主題歌にダイアモンド☆ユカイが続投! 名曲「君はともだち」のMV解禁

7月12日(金)に公開される映画『トイ・ストーリー4』の日本版主題歌を、シリーズ1作目から担当するダイアモンド☆ユカイが続投し、本作のため23年ぶりに新録したことが明らかに。あわせて、名曲「君はともだち」のミュージック・ビデオも解禁となった。

「君はともだち」はウッディと持ち主、そしてバズなど仲間たちとの“友情”について歌った曲。ユカイは1996年に公開された1作目『トイ・ストーリー』で日本版主題歌を担当し、これまで23年以上に渡り本楽曲を歌い続けている。

この名曲を歌い続けることについて、「『トイ・ストーリー』は僕にとってなくてはならない人生の一部になってるんだ」と断言するユカイ。日本版主題歌を続投することについては、「20年以上『トイ・ストーリー』と共に自分も成長させてもらったっていう気持ちがあるんだよね。やっぱり自分にとって「君はともだち」は特別なもので、歌えば歌うほどこの歌が好きになって、歌詞が心に入ってくるんだ。子供を授かってからこの歌の持つ良さを、自分の気付かなかった深いところまで感じているよ。「君はともだち」はいつ歌っても新しい感動があるんですよ」と、シリーズと楽曲への気持ちについて語っている。

また、“おもちゃにとって大切なことは子供のそばにいること”と思っているウッディと持ち主、そして様々な困難を乗り越え親友になったバズとの関係など、誰もが感動してしまう“友情”の物語が描かれてきた本シリーズ。「君はともだち」は、そんなシリーズで描かれてきた様々な形の“友情”が詰まっており、『トイ・ストーリー4』の本編映像が使用されたミュージック・ビデオでは、その感動が蘇ってくるはずだ。

さらに、ユカイはランディ・ニューマンが新たに手掛けた新曲「君のため」も担当するろのこと。「君のため」はウッディとボニー、ボニーとフォーキーの関係性を歌詞にし、大切な人との“絆”が歌われており、ユカイは「ウッディのフォーキーに向けた大切な想いが伝わる曲になっているんだ。初めて聞いたときは自分自身、子供に対する親心を感じることができた。誰もが共感出来る曲なんだよね」と語る。本楽曲も「君はともだち」に続き、世代を超えて愛され続ける名曲になることだろう。

【STORY】
“おもちゃにとって大切なのは子供のそばにいること”──新たな持ち主ボニーを見守るウッディ、バズらの前に現れたのは彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキー。彼は自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまう…。ボニーのためにフォーキーを救おうとするウッディを待ち受けていたのは、一度も愛されたことのないおもちゃや、かつての仲間ボーとの運命的な出会い、そしてスリルあふれる遊園地での壮大な冒険だった。見たことのない新しい世界で、最後にウッディが選んだ“驚くべき決断”とは…? 世界中が涙した前作を超える、「トイ・ストーリー」史上最大の感動のアドベンチャー。その結末は、あなたの想像を超える──。

作品情報

『トイ・ストーリー4』
7月12日(金) 全国ロードショー

監督:ジョシュ・クーリー
製作:ジョナス・リヴェラ
全米公開日:2019年6月21日
原題:Toy Story 4
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
https://www.disney.co.jp/movie/toy4.html