有村架純が浜辺美波にイタズラ!? JA共済の新CMで姉妹役として初共演

有村架純が浜辺美波にイタズラ!? JA共済の新CMで姉妹役として初共演

女優の有村架純、浜辺美波が姉妹役で出演する、JA共済の新CM「イチゴ」篇(15 秒・30 秒)が6月24日(月)より全国で放映される。

前回はナレーション(声)のみの出演だった浜辺だが、今回のCMで有村と待望の初共演が実現。休日の喫茶店を舞台に、姉妹が大好物であるショートケーキの“イチゴ”を巡るコミカルなやり取りを観ることができる。有村が浜辺に仕掛ける、微笑ましい“イタズラ”に注目だ。

なお、前回に引き続きCMにはいきものがかりの楽曲「太陽」が使用されている。

CMカット

撮影エピソード

待ち望んだ姉妹役の共演ですっかり意気投合
撮影は6月初旬、横浜市内の老舗喫茶店で実施。前回CMで、浜辺はナレーション(声)のみの参加ということで、これが初顔合わせとなった二人は、この日の共演を楽しみにしていたらしく、にこやかに挨拶を交わして、仲良くカメラ前にスタンバイ。監督によるコンテ説明、セリフの確認、一連の段取りのリハーサルが終わる頃には、すっかり肩の力も抜けて、好きな食べ物やオフの過ごし方、最近撮った映像作品の話題で打ち解けるなど、とても和やかな雰囲気で本番を迎えていた。

ノールックのアクションで目の前のイチゴを一突き!
監督が「今回のメインイベント」「ここが一番難しい」と位置付けた、浜辺が自らのイチゴを有村から守るシーン。浜辺がフォークを一突きするカットは、後ろを向くと同時に繰り出すノールックのお芝居ということで、最初はタイミングやスピード感、位置関係をつかむのに苦労していた。それでも、「もっと思い切り」という指示で覚悟を決めると、回を重ねるごとにぐんぐん精度がアップ。すべてが完璧に整ったOKテイクでは、真っ先に手を叩いて称賛した有村に続いて、周囲からも大きな拍手がわき起こった。ちなみに、本番で浜辺が的のイチゴを外したミスはわずか1回。監督は事前のテストで20回中20回とも失敗したと明かし、浜辺の適応力の高さに舌を巻いていた。

心の動きをセリフなしで表現する絶妙な芝居
有村がイチゴを食べた後、浜辺のイチゴも横取りしようと画策し、あえなく失敗してしまうシーン。ここではオフナレに沿って描かれる胸の内を、表情や仕草だけで表現する難易度の高い演技が求められた。有村は、真っ赤なイチゴをもぐもぐ食べる幸せそうな笑顔から一転、イタズラを思いついた時の茶目っ気たっぷりの表情、何気なく妹の様子を探るちょっぴり怪しい目つきなど、セリフがなくとも見る者に心の動きが十分伝わってくる、豊かな演技力を発揮。カットのたびに、監督から「かわいい」「かわいそう」「最高!」と絶賛する声が何度も上がった。

有村が20個以上のイチゴをペロリ!?
ほとんどのカットで、イチゴまたはショートケーキを食べながらの芝居が続いた、有村と浜辺。特にイチゴは、CMの役どころのみならず、二人とも大好きな果物らしく、撮影後も「たくさん食べられて良かったです」「みずみずしくてとてもおいしかったです」と、うれしそうに振り返っていた。ちなみに、二人が撮影中に頬張った数は、最後まで取っておく派の浜辺の8個に対して、最初に食べる派の有村は何と20個以上。およそ1パック分のイチゴを独り占めすることになった。

指先の表現にまでこだわった最上級の食べカット
「リスクには負けませんから」というオフナレに合わせて、浜辺が満面の笑みとともにイチゴを口に運ぶシーン。「初めてお姉ちゃんからイチゴを守ることに成功した喜びも表現して」という指示を受けた浜辺は、抜群の芝居を見せたものの、フォークを持つ指先にもうれしさを醸し出してほしいという監督のこだわりで、「ラスト1回だけ」挑戦することに。その直後のテイクで、期待に応える見事なベストショットを繰り出すと、監督から「エクセレント!」という最上級の褒め言葉が飛び出した。

有村架純、浜辺美波インタビュー

――CM撮影の感想をお聞かせください。

有村 初めて共演させていただきましたが、仲むつまじい姉妹のやり取りということで、楽しく撮影できたと思います。

浜辺 ずっとお会いしたいなと思っていたので、すごくうれしかったです。心の中で、「こういうお姉さまがいたら、すごく幸せなんだろうなぁ」と思いながら撮影していました。

――お互いの印象をひと言でお聞かせください。

有村 「汚れのない透明感」です。

浜辺 私が言うのも何ですが、「みんなのアイドル」という感じでしょうか。

――撮影の合間は二人でどんなことを話していたのでしょうか?

浜辺 「イチゴ、好きなんですか?」とか。

有村 あのイチゴ、おいしかったね。

浜辺 おいしかったです。

有村 あとは、「お休みはちゃんと取れてますか?」とか。勝手に心配しちゃっていました(笑)。

浜辺 お気遣いいただいて、すごく温かい気持ちになりました。

――CMで演じた役柄の中で、普段のご自身と似ているところはありますか?

有村 ピンチはチャンスというか、そういう状況の時は、なるべく物事を前向きに捉えるよう心掛けています。

浜辺 私は弟がいて、食事の時は好きなおかずとか、いつもキープしていました。

有村 弟さんに自分のおかずを取られないようにと。しっかりしていますね。

浜辺 いえいえ、食い意地が張っているだけです(笑)。

――普段の生活や仕事で、「リスク」に備えていることはありますか?

有村 肩に掛けるカバンとか、外でスリに遭わないよう、割としっかり持って歩いています。東京は怖いので、警戒心を忘れないように。

浜辺 私も割と、チャックが付いているカバンを買っちゃいがちですね。あとは、誰かと集まる時、早めに待ち合わせ場所に着きたいタイプなので、なるべく早めに起きて、出掛けるようにしています。

――CMをご覧になる視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

有村 このたび私たちは姉妹役としてJA共済さんのCMに出演させていただいています。「イチゴの取り合い」という、仲むつまじい姉妹の日常のワンシーンをCMの中で描いています。

浜辺 皆さんの周りにある「リスク」について、このCMを通して今一度考えていただく良い機会になればいいなと思っております。