「どこかにいい人いないかな(笑)」。中村倫也が理想の家族像を告白! 映画『長いお別れ』公開記念舞台挨拶開催

「どこかにいい人いないかな(笑)」。中村倫也が理想の家族像を告白! 映画『長いお別れ』公開記念舞台挨拶開催

6月19日にTOHOシネマズ日比谷にて、映画『長いお別れ』の大好評スタートを記念した舞台挨拶が行われ、芙美を演じた蒼井 優の同級生であり、恋人の磐田道彦役を演じた中村倫也と中野量太監督が登壇した。

満席の場内に⼆⼈が登場すると⼤きな拍⼿が。中野監督が「ほぼ⼥性のお客様ですね、こんな中での舞台あいさつは初めてです(笑)。今⽇はご来場くださりありがとうございます」と挨拶。中村は「僕⾃⾝、若い世代の⽅々に観ていただきたい映画だと思っていました。今⽇はたくさんの⽅にお越しいただき嬉しいです」と語りつつ、「楽しく、愛おしい気持ちになれる作品ですよね、僕もうるっとしながら、時にケラケラ笑いながら観た映画です。認知症がテーマにはなっていますが楽しんでほしいです」と明かし、舞台挨拶がスタートした。

本作の撮影以前に、中野監督と中村はとあるパーティーで出会っていたという。当時を振り返り「あの時は中村さんだと気づいていなかったんですが、パーティーの中で⼀⼈膝を抱えて座っていて(笑)。その直後に、いろいろな作品に出演されているのを⾒かけるようになって…あの時のって! 思い出したんです」と出会いのエピソードを明かした中野監督の⾔葉に対し、「僕、パーティーとかに馴染めなくて…あの頃はとがってました(笑)」と中村。すかさず「じゃあなんでパーティーにきたの?」とツッコミを⼊れるなど、⼆⼈の仲睦まじい様⼦に場内には笑いが溢れた。

和やかなムードの中、映画の脚本を読んだ時の印象を聞かれた中村は「⼩学⽣の頃、ひいおばあちゃんが介護が必要で。⼩さいながらにお⾒舞いにいったり、僕のことも分かってはくれていないんだけど、⼀緒に遊んだりという愛おしい記憶を思い出しました。だから、僕⾃⾝、完成を楽しみにしていた作品なんです。道彦も、いい⼈なんだけど、どこか頼りないというか…あぁいるな、とみんなに感じてもらえるキャラクターにできるといいなと思っていました」と⾃⾝が演じた役柄に込めた想いや幼い頃の思い出を告⽩した。そんな道彦の恋⼈役でもある蒼井が実⽣活でも結婚されたことが話題に上がると「おめでたいですね。僕もグリーンカレーを作ってくれる⼈がいるといいな。どこかにいい⼈いないかな(笑)」と劇中で芙美が作る⼿料理を例にあげながら、冗談混じりでコメント。「真⾯⽬な⽗親と、天然な⺟親の両親を⾒て育ったし、やっぱり両親のような家族を築いていきたい」と理想の家族像について⾔及すると、中野監督は「でも、僕の映画に出た⼈はみんな結婚するんだよ。宮沢さんに⽵内さんに蒼井さん!」と⾃⾝のキューピッドパワー(?)をアピールし、場内を沸かせた。

最後に中村は、「この映画は⾊んな世代の⼈に観ていただきたい作品。この映画をきっかけに、普段話さないことを家族と話してみたり、今までにない⼀歩を踏み出せる映画になっていると思います。詳しくはネタバレになっちゃうから⾔えないけど、僕が劇中で『付き合って1年半記念』と話しているシーンは特に気に⼊っているシーンなので、ぜひ注⽬してください!」とアピール。⼀⽅で中野監督は、「親・⼦・孫の3世代を描いた映画だけど、特に若い世代の⼈々にこそ観てほしいと思っていました。今⽇はまさに、そんな⼈達がたくさん来てくれて嬉しいです。今⽇は僕ら⼆⼈にとっても良い⽇になりましたね」とマイクを掲げて中村と乾杯。作品に込めた想いを語りつつ、終始和やかなムードでトークイベントは幕を閉じた。

【STORY】
父の70歳の誕生日。久しぶりに帰省した娘たちに母から告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だった。それぞれの人生の岐路に立たされている姉妹は、思いもよらない出来事の連続に驚きながらも、変わらない父の愛情に気付き前に進んでいく。ゆっくり記憶を失っていく父との7年間の末に、家族が選んだ新しい未来とは―。

作品情報

『長いお別れ』
絶賛公開中

監督:中野量太
出演:蒼井 優 竹内結子 松原智恵子 山﨑 努
脚本:中野量太 大野敏哉
原作:中島京子『長いお別れ』(文春文庫刊)
企画:アスミック・エース Hara Office
配給・制作:アスミック・エース
©2019『長いお別れ』製作委員会 
オフィシャルサイト
http://nagaiowakare.asmik-ace.co.jp/

長いお別れ』原作