三吉彩花がシュレッダーの紙吹雪の中で舞い踊る! 映画『ダンスウィズミー』本編映像初解禁、満足度95%のダンスシーンに世界が熱狂!

三吉彩花がシュレッダーの紙吹雪の中で舞い踊る! 映画『ダンスウィズミー』本編映像初解禁、満足度95%のダンスシーンに世界が熱狂!

8月16日(金)より公開される、映画『ダンスウィズミー』の本編映像が初解禁となった。

本作は、『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』といった唯一無二のコメディ映画を輩出してきた矢口史靖監督が贈る、ミュージカルに対する「突然歌って踊り出すのっておかしくない?」をテーマにした、奇想天外で全く新しい笑えるコメディ・ミュージカルだ。 

今回解禁されたのは、“ミュージカルニガテ女子”のヒロイン・鈴木静香(三吉彩花)が舞い踊る「ハッピーバレー」の映像。シュレッダーの紙切れが大量に入った袋を受け取ると、紙吹雪のようにオフィス中にまき散らしていく静香。デスクの間を駆け巡る同僚や、ネクタイを振り乱しキレッキレのダンスを披露する同僚とともに、静香も一心不乱にダンス! かつがれるようにデスクのうえに飛び乗ると、赤いハイヒールで心躍る軽快なステップを踏み、縦横無尽に華麗なターンを披露する。ミュージカルスターばりのフィニッシュを決める静香に、思わず拍手を送りたくなる見ごたえのある仕上がりとなっている。

実は、オフィスでのダンスシーンは、8回ほど振付がガラッと変わったことから何度もダンスを繰り返し、長時間かけて作り上げた名シーンの1つ。この3分弱のシーンのために、約2か月近くも練習をしてひたむきに撮影に臨んだ三吉に対し、矢口監督は「その場で振付を変えても三吉さんはすぐ覚えてしまうのがすごいと思った」と感心したとのこと。そして、印象的なシュレッダーの紙切れをオフィス中にばらまくシーンは、現場で監督が思いつき急遽取り入れたのだそう。紙吹雪が舞うことで三吉のダンスは一層キラメキを増し、より印象的で華やかなものとなった。

大迫力のワクワクするシーンや、くすっと笑えるシーン、そして元気づけられるシーンなど、幸せに必要な要素がたくさん詰まっている映画『ダンスウィズミー』は、カナダや中国での上映も終え、すでに世界を巻き込み始めている。誰もが笑顔になれるハッピー満載の本作を、ぜひ劇場で堪能してほしい。

【STORY】
子供の頃からミュージカルが苦手な静香は、ある日突然、音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまった! スマホ音や街中に溢れる音楽に反応して所かまわず歌い踊るせいで、彼女の日常はハチャメチャに。調査員の渡辺に依頼し、原因を探すため日本中を奔走するが…。そこには、裏がありそうなクセものたちとの出会いと予測不能の展開が待っていた!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!?

作品情報

『ダンスウィズミー』 
8月16日(金)全国ロードショー
出演:三吉彩花 やしろ 優 chay 三浦貴大 ムロツヨシ 宝田 明
原作・監督・脚本:矢口史靖 
製作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会

オフィシャルサイトdancewithme.jp