新旧“夜神 月”激突! 藤原竜也&窪田正孝、映画『Diner ダイナー』 で“神”から“殺し屋”に姿を変えた場面写真が解禁

新旧“夜神 月”激突! 藤原竜也&窪田正孝、映画『Diner ダイナー』 で“神”から“殺し屋”に姿を変えた場面写真が解禁

7月5日(金)全国公開される、映画『Diner ダイナー』の場面写真が解禁となった。

蜷川実花が映像化不可能と言われた原作小説『ダイナー』(平山夢明著・ポプラ社「ポプラ文庫」)を映画化した本作には、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤 工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗 旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華俳優たちも、全員“殺し屋”役で集結。店主も、客も、全員殺し屋のダイナー<食堂>を舞台に繰り広げられる、本能を極限まで刺激するノンストップ・エンターテイメントだ。

主演は、幾多の超個性的なキャラクターを怪演し、その圧倒的な演技力と存在感で『デスノート』『カイジ』をはじめとする主演作を大ヒットに導いてきた唯一無二の演技派俳優、藤原竜也。彼が今回演じるのは、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。命がクズ同然に扱われる、日本一イカれた殺し屋専用のダイナー<食堂>の店主という役どころで、料理も生死も支配するまさにダイナーの“王”たる存在だ。

そして、この度解禁されたのは、藤原竜也演じる“ボンベロ”と、窪田正孝演じる殺し屋“スキン”の場面写真。藤原と窪田は、ともに「週刊少年ジャンプ」に連載され人気を博した『DEATH NOTE』の主人公・夜神 月(やがみ らいと)を、藤原は映画版、窪田はドラマ版でそれぞれ演じた。場面写真には、2人が並び立つ姿や、互いに向き合って会話する様子も映し出されており、自身を “神”と称する月を演じ切った2人は、本作で“殺し屋”同士として激突する。

“神”から“殺し屋”に姿を変えた2人がどのようなバトルを繰り広げるのか、ぜひ劇場で観てほしい。

【STORY】
ようこそ、殺し屋専用の食堂<ダイナー>へ――
そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂<ダイナー>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒までが俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコは、ウェイトレスとしてボンベロに買われてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!

作品情報

映画『Diner ダイナー』
7月5日(金) 全国ロードショー

原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
出演:藤原竜也 窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ 小栗 旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二
監督:蜷川実花
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花
音楽:大沢伸一
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

オフィシャルサイトdiner-movie.jp

『DINER ダイナー』コミック