速すぎて見逃すレベル! わずか29秒! メドベージェフの4連続サービスエースが16万再生を超える反響

速すぎて見逃すレベル!  わずか29秒!  メドベージェフの4連続サービスエースが16万再生を超える反響

互いに譲らぬ白熱したラリー、身体能力を活かしたアクロバティックなプレーなど、テニスの醍醐味にも様々なものがあるが、最もわかりやすく興奮してしまうのがサービスエースを決める瞬間ではないだろうか? 先日のメルセデス・カップにて、テニスファンなら誰もが驚いてしまうような衝撃的なサービスエースが生まれた。

華麗なサービスを披露したのは、ロシアのダニール・メドベージェフ。現在世界ランキング13位と、頭角を表し始めた実力派の若手プレーヤーだ。ブリズベン国際では、錦織 圭と決勝で争ったことを覚えている方も多いのではないだろうか。

メドベージェフが衝撃的なサービスをみせたのは、メルセデス・カップ2回戦。リュカ・プイユとのゲーム第3セットだった。リードされた状態で向かえた第7ゲーム、最初のサーブを相手右側に打ち込むと、プイユは一歩も動けずサービスエース。その後も、続けざまにポンポンとサービスを決めるメドベージェフは、なんとこのゲームで1球も失敗しないままの4連続サービスエースを決め、軽々とゲームキープしたのだ。驚くべきはその時間。なんと、所要時間わずか29秒! 目にも留まらぬ超高速ゲームキープとなったのだ。

このプレーをATPツアー公式SNSが取り上げると「凄すぎる!」「今回のツアーで最高のサーブを打つ選手だ」といった驚きと称賛のコメントが続々と寄せられ、動画の再生回数も16万再生を超える大反響となった。

この試合は惜しくも破れてしまったものの、次世代のトッププレイヤー候補として名の挙がることも多いメドベージェフ。正確でパワフルなサービスを武器に、ジョコビッチ・ナダル・フェデラーの“3強時代”を打ち崩す日も、そう遠くはないかもしれない。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO