宇宙Six/ジャニーズJr. 山本亮太と原 嘉孝がW主演! 6月21日東京初日開演『桃山ビート・トライブ~再び、傾かん~』レポート

宇宙Six/ジャニーズJr. 山本亮太と原 嘉孝がW主演!  6月21日東京初日開演『桃山ビート・トライブ~再び、傾かん~』レポート

6月21日。東京・EXシアター六本木にて、山本亮太(宇宙Six/ジャニーズJr.)、と原 嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.)がW主演を務める舞台『桃山ビート・トライブ~再び、傾かん~』が東京公演初日を迎えた。

今作は2017年に上演した舞台『桃山ビート・トライブ』の再演。先週6月14日~16日に行なわれた京都公演に続き、歴史を音楽で巻き込む、圧巻、圧倒的なエンタテイメントを東京でも見せつけた。

原作は天野純希のベストセラー小説『桃山ビート・トライブ』(集英社文庫刊)で、豊臣秀吉によって、戦乱の世にやっと自由な気風が芽吹いた華やかな安土桃山時代が物語の舞台となっている。

力強く素晴らしい音色の三味線を弾きこなす“藤次郎”(山本亮太(宇宙Six/ジャニーズJr.))、笛職人の家に育ちながらも、笛役者の夢を諦められず家を飛び出した“小平太”(原 嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.))、黒人として、初めて織田信長に仕えていた過去を持つ太鼓叩きの“弥介”(副島 淳)、男勝りで天性の舞姫“ちほ”(水野絵梨奈)。様々な過去を持つ4人の若者が、運命に導かれるように出会い、一座を結成してその音楽で民衆を熱狂させる。その姿は現代の若者にも通じる、情熱的で素直に好きなものを愛する気持ちであふれている。

ゲネプロ後には囲み会見が行われ、初演で小平太役を演じたジャニーズJr.内ユニット宇宙Six、Snow Manメンバーの目黒 蓮にかわり、今回初参加となる原は「目黒は同期でプレッシャーはあります。初演を客席で見て5回泣きました。今度は目黒に見てもらって、5回以上泣いてもらいたい」と語った。激しく太鼓を叩く弥介役の副島は、1カ月の稽古で10kg痩せたと明かし、舞台に対して真剣に取り組んでいる姿を見せた。冨岡は、「念願の再演、そして京都公演ができた事は特別なことで、ストーリーに出てくる場所でもあるので、身の引き締まる思いで京都公演を迎えることができた」と言う。山崎は「設定的には何百年も前の時代のお話ですけれども、そこで流れている汗や涙は、過去だろうが今だろうが変わらないと思う。舞台袖にはけるときに倒れこんでしまう水野さんもそうですが、汗と涙を流しながらやっている姿など、頑張っている人は美しいんだなと思って観ていただけたらと」とコメントを残した。最後に山本が「いろんな人にこの作品を観てもらい、記憶に残してもらたい。そして、令和に残るような舞台にしたいと思っております!  頑張っていきます!」と宣言し、最後はキャッチフレーズとなる「いざや、傾かん!」を全員で叫び、意欲を示した。

舞台『桃山ビート・トライブ』は、7月1日(月)まで、EXシアター六本木にて上演される。

公演情報

「桃山ビート・トライブ~再び、傾かん~」

日程
【京都】 6月14日~6月16日(日)
【東京】6月21日~7月1日(月)

劇場
【京都】 京都劇場
【東京】EXシアター六本木

【チケット料金(全席指定・税込)】
指定席 9,800円
※当日券は500円増し。残席がある席種のみ販売予定
※未就学児の入場は禁止

原作:『桃山ビート・トライブ』 天野純希(集英社文庫 刊)
脚本:金沢知樹
演出・脚色:大関真(劇団SET)
企画:座間隆司
制作:テレビ朝日ミュージック
企画協力:集英社
主催:「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会(テレビ朝日ミュージック/ローソンエンタテインメント)

出演者
山本亮太(宇宙Six/ジャニーズJr.)
原 嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.)
水野絵梨奈
副島 淳
冨岡健翔(MADE/ジャニーズJr.)
奥谷知弘
寿里
久下恵美
本間 剛
武智健二
石井智也
八神 蓮
佐野瑞樹
星野真里
山崎樹範

原作『桃山ビート・トライブ』

『桃山ビート・トライブ~再び、傾かん~』オフィシャルサイト
http://mottorekishi.com/momoyamabeat_replay/

©天野純希/集英社
©「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会