映画『Girl/ガール』監督ルーカス・ドン×橘 ケンチの対談が『月刊 EXILE』に掲載決定! 監督次回作の気になる発言も……

映画『Girl/ガール』監督ルーカス・ドン×橘 ケンチの対談が『月刊 EXILE』に掲載決定! 監督次回作の気になる発言も……

7月5日(金)より公開される、第71回カンヌ国際映画祭にてカメラドール〈新人監督賞〉ほか3冠を獲得した映画『Girl/ガール』。この度、本作の監督ルーカス・ドンと橘 ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)による対談が、6月27日(木)発売の『月刊 EXILE』8月号にて掲載されることが決定した。

本作は、バレリーナになるために奮闘するトランスジェンダーの少女の記事に心を動かされたルーカス・ドンの、“必ず彼女を題材にした映画を撮る”という強い思いから誕生。主演は、アントワープ・ロイヤル・バレエ・スクールに通う現役のトップダンサーで、“性別を超越した美しさ”と絶賛されるビクトール・ポルスター。彼の息をのむほどに美しいバレエシーンの振り付けは、コンテンポラリーダンス界の旗手であり、森山未來とタッグを組んだ公演でも知られる、天才振付師シディ・ラルビ・シェルカウイが担当している。

ルーカス・ドン×橘 ケンチ 対談(一部)

会うやいなや、思わず橘が「モデルさんみたいにかっこいいですね…!」とルーカスに告げると、「いやいや(笑)。それをいうならケンチさんこそ! ブルーの髪がとても素敵です。『Girl/ガール』のイメージカラーもブルーなんですよ」と返し、お互いをベタ褒め。和やかなムードで対談がスタートした。

主演のビクトール・ポルスターは、アントワープ・ロイヤル・バレエ・スクールに通う現役トップダンサーで、500人を超える候補者の中から選ばれた逸材ながら、なんと今回が演技初挑戦。橘がそのことに触れ演技方法について質問すると、「ビクトールに関してはダンスを通じてキャラクターを演じてもらいました」「(ビクトールが)ダンスレッスンで感じたことを、役柄を演じる際の感情面に応用してもらいました」とルーカスは説明。すると、自身もダンサーの橘は「彼がダンスを通じて演技について理解を深めていったというのはとてもよく理解できます。作品を拝見して、ダンスや肉体などフィジカルな部分からララのさまざまな感情を感じることができました」と、大きく共感するとともに大絶賛した。

最後に、ルーカスの次回作について話が及ぶと「ほかの取材では話さなかったので、ケンチさんだけスペシャルということで(笑)」と、現在取り組んでいる新作のテーマについてもこっそり言及。ほかにはない貴重な対談となった。

インタビュー全文、そして気になる次回作については、『月刊 EXILE』8月号誌面してほしい。

【STORY】
15歳のララの夢はバレリーナになること。しかしそれは簡単なことではなかった。
彼女は男の体に生まれてきたから。それでも強い意志と才能、娘の夢を全力で応援してくれる父に支えられ、難関のバレエ学校への入学を認められる。夢の実現のためララは毎日厳しいレッスンを受け、血のにじむような努力を重ねていくー
だが、初めての舞台公演が迫る中、思春期の身体の変化により思い通りに動けなくなることへの焦り、ライバルから向けられる心ない嫉妬により、彼女の心と体は追い詰められていく―

作品情報

『Girl/ガール』
7月5日(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー

監督・脚本:ルーカス・ドン
出演:ビクトール・ポルスター、アリエ・ワルトアルテ
振付師:シディ・ラルビ・シェルカウイ
原題:Girl
後援:ベルギー大使館
提供:クロックワークス、東北新社、テレビ東京
映倫:PG12
配給:クロックワークス、STAR CHANNEL MOVIES
(C) Menuet 2018